CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
映画「うまれる」真備で自主上映会を開催しました

うまれる

 

昨年末から地元のママさんたちと準備してきた映画の自主上映会。

無事終了しました。

 

映画「うまれる」

 

そして続編の「うまれる ずっと、いっしょ。」

 

映画館で上映してDVD販売、という通常の商業映画の上映方法ではなく、地域で有志が集まって上映会を開催するというやり方で全国に広まっているドキュメンタリー映画です。

 

2010年に公開になった「うまれる」は4年以上前から知っていて、あすみを出産した助産院主催の上映会で昨年見ることができました。

 

「うまれる」も本当によかったのだけれど、初めて見た続編も素晴らしかった。タイトルの「ずっと、いっしょ。」が本当に随所に沁みてきました。

 

 

大切な家族を大切に思う気持ち。

なんでもない毎日を愛おしく思える気持ち。

 

そのことを伝えること。

 

想いを形に残すこと。

 

 

これから私がやっていきたいと思っていることともリンクして、最初から最後まで泣き通しでした。

 

今、このタイミングでこの映画に出会えてよかった。それと同時に、最近は色んなことに「出会うべくして出会う」つながりの不思議を実感しています。

 

「うまれる」上映実行委員会 ままくる

 

5年前、地域で子育てをしているお母さんたちが集まって一度真備で上映会を開催しているのだけれど、その時のメンバーがもう一度集まって上映会をしよう!ということになり縁あって声をかけて頂きました。(かなりびっくりな偶然で)

 

元々「ママ友」というのに強烈な苦手意識があり、そもそも友達を作る、ということもよく考えたら苦手でした。人との距離感がうまく掴めない。近寄り過ぎて失敗したり遠ざけすぎてなんでも一人で背負ったり。

 

でもこの数ヶ月で少しずつその意識がほぐれてゆるんでいっている感覚。

 

苦手意識というのは自分が作り出している以外の何物でもなくて、相手を自分の枠組みの中に当てはめようとせずに見方をちょっと変えてみるだけで世界は何十倍にも広がるんだな。という感覚。

 

話し合いを進めて役割を分担する中で、今まで自分が仕事で培ってきたもの、大切にしてきたことも生かすことが出来て、スタッフ全員から送ってもらった写真で映画を上映前に再生するムービーを作りながら、思いがけずもう一度自分がやりたいことを思い返すことができました。

 

 

目の前の人をただ喜ばせたい

 

大切な人へ想いを伝えるための手助けがしたい

 

ただただ感動を共有したい

 

 

私がずっと仕事に求めてきたこと。想いを載せるムービー作成もわかりやすく説明するための資料作成も手段のひとつであってやりたいことは同じ。料理を作ることも事務作業をすることもお金をもらってすることもボランティアですることも、根っこにある自分の気持ちは同じ。

 

損得勘定やそれでどう稼ぐかじゃなく、自分がやりたいことをやる。やりたいからやる。自分の行動の源泉を思い出すことが出来ました。

 

出会いに感謝

 

身近にいる人ほどそばにいることがが当たり前すぎて、どれだけ大切で一緒にいられることが奇跡のような出会いの積み重ねの上にあるのかということを忘れてしまいがち。

 

家族っていいなぁ。


同じ映画を見て同じ時間を過ごしても、そこから何を得て何を想うかは百人百様。そんな人と自分との違いも愛しく思える。ただただ出会えたことを嬉しく思える。私にとってはそんな映画でした。

 

本当にステキな出会いに感謝。

 

次にどうつながっていくのか、自分でもわくわくです(^^)あーやりきったなぁ!の余韻に浸りながら、溜まっていたあれこれを淡々とこなしていきます。

 

普通の主婦に戻ります!

 

ん?ついこないだも同じこと言ってた気がする(笑)でも母親になっても、こうやって全力投球できることに出会えるって本当に有難い。私が娘たちにしてあげらることはそれぐらいかもなぁとも思います。

 

まだ映画を見たことのない方。ぜひ自分の住んでいる町で自主上映会を開催してみて下さいね〜(^^)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

 

 

| 田舎暮らし | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4才まであと8日。姉ちゃんみほのの赤ちゃん返り。

 

土曜日は1日玉島デー。

 

娘2人を連れて、朝一番に子連れOKのヨガで久し振りに体を動かし

来月から始まる保育園のプールに必要な買い物へ行き

オシャレなカフェでランチをして

午後からは映画「うまれる」の自主上映会へ。

 

冒頭5分でもう涙が。10分もしたらみほのは飽き出して

お友達と歩き回りどうなることかと思ったけれど

クライマックスが近付いて出産シーンを一緒に見た。

 

妹あすみが生まれる日。陣痛がきだした夜中の2時頃から

みほのもかなりなハイテンションで起きてきて

6時過ぎに無事出産するまで父ちゃんと一緒に立ち会ってくれた。

 

しかも助産師さんのバックに回り込んで

出てくる瞬間までしっかり覗き込んでたっていうね(笑)

 

3歳児にはとても強烈な印象だったのだろう、

今でも時々思い出したように

「母ちゃん、あすみちゃんが生まれるとき泣いてたなぁ」

と話をしてくれる。

 

そんなこともあったので、出産のシーンを見たら色々思い出して

またあれこれ話が出来るかな〜♪

 

と思っていたのだけれど・・・様子がおかしい。

 

終わった直後から明らかに不機嫌で理不尽なわがまま放言。

眠いせいだろな〜と帰宅道中寝ていたみほのを起こしてみても

さらに火が点いて手の施しようがない感じ。どうした〜〜〜

 

いやこれは。

 

赤ちゃん返りか。

 

出産シーンを見て妹が生まれる前のことを思い出したのか。

 

父ちゃんも母ちゃんも自分しか見ていなかった日々のこと。

抱っこして!と言ったらいつでも抱っこしてもらえた日々のこと。

 

そう思ったらどうにもこうにも切なくなって

留守番していた旦那にあすみを預けて

泣き叫び暴言吐いてるみほのを抱っこしてひたすら庭中を歩いた。

 

あっちじゃない、こっちじゃない、そうじゃない、

母ちゃんが悪いんじゃ!うあ”〜〜〜〜

 

私が見た、みほのの初めての赤ちゃん返り。


私が産後入院しているときは、父ちゃんとばあちゃん相手に

泣き叫んだり部屋に籠城したりしたみたいだけれど

退院してから一度も妹をいじめたりいらない!って言ったり

なんてしたことがない。

とってもとっても可愛がってよく面倒も見てくれる。

 

あーーー・・・ものすごーく我慢していたんだなぁ。

 

我慢していて当たり前なのに気付かなかった。

いや、気付いてたのに聞き分けのいいみほのに甘えて

気付かないふりをしていた。

 

 

みほのが生まれてから、妹のあすみが生まれるまで

日中は保育園に預けていたけれど

一度も夜離れて寝たことがなかった。

 

出産した日から母ちゃんは赤ちゃんと2人で入院。

 

翌日の夕方にばあちゃんを引き連れて「こっちの部屋なんよ!」

と楽しそうに階段を上がってくるみほのの声が聞こえてきて、

 

なんっ・・・て可愛い声なんだろう。

こんなに可愛くて幼い声だったんだ。

 

と気付いてはっとしたことを思い出す。

 

2人目が生まれたからって「おねえちゃんなんだから○○」

なんて言い方は絶対してはいけませんよ!

と言われるしわかってはいるけどやっぱり言ってしまう。

 

ダメな母だと思いながら

それでも母を辞める訳にはいかないから毎日が試行錯誤。

 

本当に子育ては自分育てだなぁと思う。

 

 

開業する!と決めてからあっという間に

近々のスケジュールが埋まっていっている。

やりたいこともやるべきこともいくらでもある。

 

でも私の一番大切な仕事は母ちゃん業!

 

大切なことを見失わないように。

家族と毎日笑顔で過ごせるように。

 

日々の暮らしを楽しみながら自分のペースで頑張ります(^^)

 

こんな母ちゃんだけど、頼むよみほの!

じゃなかった、スーパーマン(自称)!!!笑

 

あー、子供ってホント面白い。面白い。

 

 

JUGEMテーマ:子供達との記憶

 

夏の思い出作りに:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

◆◇◆◇◆

岡山ひとつなぎコーディネーター

マスナリエリカの起業ストーリー・その2

◆◇◆◇◆

 

次回、その3は・・・

 

「赤ん坊を背負って働きに通った玉島のパン屋・ぱんご〜の」

のご紹介です(^^)

 

| 起業ストーリー | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「うまれる」玉島で自主上映会がありますよ


何年か前にポスターがスーパーに貼ってあって
気になりながらも見逃してしまっていた映画「うまれる」。

下の子を出産した助産院の子育て支援グループで
自主上映会をされるという案内をもらって
娘を連れて見に行くことにしていたのだけれど、
ひょんなことからちょこっとだけ宣伝のお手伝い。

https://www.facebook.com/events/1737504039824595/

「何かしたいな」と思いながら
その「何か」が頭の中で大きくなりすぎて考えては打ち消して
なかなか行動に移せずにいたけれど、
気になったらやってみたらいいじゃない!と気付く。

小さなことでもまずは行動してみること。

それが本当にやりたいことなのか?とか考えるよりも
自分の損得考えるよりも、気になったなら直感を信じること。

SNSはやっぱりまだ苦手だけれど、
いいなと思ったものを発信することを怖がらないこと。

高校の吹奏楽部でやった時以来でチラシ貼りをお願いしに
回ったけど、スーパーにも色々事情があるんだなとわかったり
図書館司書さんに市の後援の取り方を教えてもらったり
パン屋さんにあのパンを復活させてほしい!とリクエストしたり(笑)
自分のプレゼン能力の低さを悔しく思ったり。

ほんの一時間の行動で、ものすごく勉強になったし何より面白かった。
小さなことからコツコツと。
先日の2回目のいかさ田舎カレッジで得たたくさんの気付きを
自分なりに実践しながら地域で出来ることを考えていきたい。

いかさ田舎カレッジ。ほんとすごい。すごいんです。
卒業するまでに何がすごいかちゃんと言語化して伝えれるように
なりたいわぁ(^^;

映画「うまれる」の上映会は6/25(土)。
続編の「ずっといっしょ」も7/10(土)に上映予定です。

詳しくはNPO法人倉敷子育てネットワークたんぽぽファミリーまで!

楽しみだな〜♪


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らし

夏休みももうすぐ!ネイチャーファミリー岡山川くだり自然体験
 
| 田舎暮らし | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |