CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
にいやま田植え体験×とくらかふぇに参加してきました

田植え親子

 

笠岡の新山地区にあるとくらかふぇが主催する

田植え体験に参加しました♪

 

昨年に続き2回目。

 

初めての田植えは早々にリタイアしたみほのさん、

今年はしっかり戦力になって頑張っていましたー!

前半だけだけどね(^◇^;

 

カメラマン登場
 

もじゃ頭を卒業したばかりの新生あすみ。

まだ田んぼに入るのは難しいので見学・・・

もといカメラマン担当です!?

 

はりきってどうぞ!!!

 

・・・ギリ!

 

・・・ん〜〜なんというか逆によく撮れたなと(笑)

 

曇り空で暑くもなく梅雨だけど雨にも当たらず

絶好の田植え日和でした〜(^^)

 

笠岡とくら田植え体験

 

総勢20人、地元の小学生も参加して

なかなかいいペースでのん〜びり田んぼ時間を楽しみました。

 

農がある暮らし。

 

理想はあってもなかなか現実は難しい。

米は作るより買った方が安いぞって話もよく聞くけれど、

この景色がやっぱり末永く残っていってほしいなーと思う。

 

とりあえず自分ができることは〜食べることだな!米を!!笑

 

 

しっかり働いた後はとくらかふぇの特製ランチ♪

 

新山で採れた野菜をたくさん使った美味しい〜ご飯でした!

ごちそうさまです☆

 

次は稲刈り、楽しみだ〜(*´▽`*)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

岡山の夏のレジャー体験:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
笠岡諸島最南端の六島・水仙植えるカムツアーに参加してきました

六島に到着〜

 

初上陸!笠岡諸島最南端にある六島(むしま)へ。

 

昨年末に六島に地域おこし協力隊で入られている方のお話を聞く機会があり、六島への熱い想いがビシバシ伝わってきてあーもうぜひ行ってみたい!体感してみたい!!と思っていました。

 

ちなみにその方が作ったたこ焼きは私の人生の中で一番美味いたこ焼き(*‘∀‘)

 

月日は流れ〜先月遊びに行った和歌山で貝殻拾いにはまり、近くで拾えるところないかな〜と思っていたところに【水仙植えるカムツアー2017】というイベントのご案内をいただいて、こりゃ行くしかない!!とお友達も誘って参加することに♪

 

水仙を植えます

 

40人以上の参加者が連なって集落の狭い路地を抜けて斜面を上がり、一気に視界が開けた高台の開墾地にみんなで水仙の球根を植えていきます。

 

年が明けて1〜2月頃には、辺り一面真っ白な水仙でいっぱいになるんだそうな。そりゃ見に来んといけんなぁ。六島は今は70人か80人しかいない小さな島だけど、こうして関わる人が増えていく。季節ごとに訪れてくれる人がいる。

 

地域づくりってこういうことだな〜。自分たちが住んでいる地域を愛して、もっとよくしたいと思う。伝えたいと思う。自然と繋がりが出来て輪が広がっていく。

 

ええなぁ、六島。

 

灯台への山道

 

水仙の球根を植えた後は、道中自生しているビワをつまみ食いしながら、島のあちこちにいるブイで出来たねこちゃんの道案内で山道を進み灯台へ向かいます。

 

六島の灯台

 

着いたー!現役なのか?あー色々説明ちゃんと聞いとくんだった(^^;

恋の願い事をすると叶うって言ってたぞ。3人娘にはまだ早いか〜。

 

灯台から瀬戸内海を眺めて(写真がないのよね〜)港にある公民館へ戻り、お昼は島のお母さんたち手作りのカレー!めちゃめちゃ美味かったああー!(写真がないのよね〜)

 

瀬戸内海〜!

 

あとは自由時間!波に打たれながら海岸でシーグラスと貝殻をしっかり拾って帰りました。まーーー海の色の美しいこと!!本土とはまるで別の海。

 

六島のシーグラスと水仙

 

大量大量(^皿^)

 

帰りは、水仙の球根を植えた後に撮った集合写真と折り紙で作った水仙をお土産にもらい、船から手を振って見送ってくれている島の皆さんを見ているとなんだか不思議とこみあげてくるものがあって「帰りたくないなー」と思いました。

 

海上タクシーで帰路に着く

 

喧嘩もするけど仲良しの2人。色んなところへ連れて行ってあげたい。色んな景色を見せてあげたい。

 

でも何より、色んな人と触れ合って色んな人の価値観に触れて、自分の感覚をしっかり味わえる人に育ってほしいなぁ。

 

よき出会いに感謝です。また行こうね、六島(^^)♪

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏休みの楽しみ:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 思い出 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
田舎暮らしの必須アイテム☆草刈り機デビュー!

電動式とエンジン式

 

田舎暮らし間もなく9年目突入にして

やっと草刈り機デビュー!の嫁。まだ余裕の表情。

 

草刈り機は田舎暮らしの三大必須アイテムの一つですね。

あ、あと二つはこれから考えますが|д゚)笑

 

家が建っている敷地内の庭とその外にも畑があるので、

春から夏にかけては毎日のように旦那が草刈りをしていました。

なんせ草丈が伸びてしまうと労力倍増(らしい)。

 

毎日刈っても刈っても背後からどんどん草が伸びてくる

夢まで見ていた旦那(笑)

知らん間に草刈り機の台数も(3台?4台?!)アイテムも

ものすごい増えているけど、そこは目をつぶりまして。。

 

草刈り機デビュー

 

畑に手を出す余裕はまだないけれど、

自分たちが大切にしたい暮らしをちゃんとイメージして

少しずつ実現できてきている気がします。

 

初草刈り機、超〜楽しかった〜〜(*´▽`*)

 

充電式は小振りで軽いけどその分やっぱりパワーが足らず

本体が熱を持つとすぐ使用不可に。

 

エンジン式は重くて振動のせいで後々疲れやすいみたいだけど

パワー抜群。刈っていても気持ちがいい。

 

う〜ん一長一短、使いながら慣れていこう。

逃げ惑うカエルやバッタを見ながら平和だな〜としみじみ。

カエルやバッタには危機でしかないんだろうけども(;^ω^)笑

 

旦那はその間、屋根裏の熱気を逃すための換気口を設置中。

夏はもうすぐ!今のうちにそれぞれ出来ることを分業で。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏休みは家族揃って:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏準備・もじゃもじゃの散髪ビフォーアフター☆

BEFORE

 

生まれた時から髪の毛がわさわさ生えていて、誰に会ってもまず髪の毛多いなー!と言われるあすみさん。1才6ヶ月。

 

まぁじっとしていない子でとても髪の毛を切る間座っていてくれそうにないので、前髪はちょんまげにして後ろは2つ結びにしていたのだけれど、最近は結んだゴムすら取ってしまう(-ω-)

 

暑くなってきたし、天パで毛先がくるくるはねるんも可愛くてもったいない気がするけど、一念発起して散髪することに!!

 

父ちゃんの肩にあごを乗っけて昼寝している間に一気に切ります・・・

 

AFTER

 

でこんな感じになりました〜!別人〜(>_<)

 

このほっぺのぷっくりが同じ年頃の頃のお姉ちゃんそっくり。いやーすっきり。我ながらかっこよく切れました、天才(笑)

 

やっぱり子どもは短いんがいいねぇ。男子だったら確実に丸坊主だな(^^;

 

お絵描きタイム

 

今日も平和なマスナリ家です。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

水上トランポリン:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
家族で週末DIY!子どもと一緒に下駄箱を作ろう♪

玄関に下駄箱を

 

川下りが始まる前の貴重な週末。

午前中のうちにホームセンターで購入した木材で

完成したばかりの玄関に下駄箱を作りますー!

 

赤子が転がってるあたりにね。

どけて下さい、邪魔だから(-ω-)/笑

 

まずは材料を

 

使用する材料は、あすみが生まれる前に製作したキッチン棚と同じ

板材を入れるためにあらかじめ溝が付いている脚材と

SPF材の棚板。キッチン棚はパイン集成材の棚板を使ったけど

今回は外で使用するのでわりと水に強いSPF材を使用。

(値段もパイン材より若干お安め)

 

ホームセンターに行く前にいくつか家具屋さんで

下駄箱を探してみたけど、ええのがなかったな〜。

 

「自分で作る」という選択肢があることが嬉しいし楽しい。

 

下駄箱仮組します

 

ビニールの梱包をといたら、早速仮組みしていきます。

 

雨樋までのめいっぱい高さを取って1800mm。幅は900mm。

計算して作ったわけじゃないのにまるで計ったかのように

ぴったり収まるのが気持ちいいなぁ。

 

全部で7段。

 

ぴったり収まるのはいいけど、こんなに置く靴あるんか!?

と組みながら気付く。先にそこ計算しろよ(*ノωノ)笑

 

組んでいきます

 

インパクトを出したら、

「みほちゃんもやりたいー!!」と早速食いついたみほの姉さん。

 

興味津々、なんでも自分もやってみたいの4才児。

 

いつも時間に追われてしまうご飯支度は

ついつい今日は勘弁して〜〜と言ってしまうけど、

DIYの手伝いは大歓迎〜♪

 

インパクトを使える4才児

 

保育園の先生からも手先が器用ですねーと褒められるみほの。

家ではちょっと失敗するとすぐ

「もう出来ないー!」と拗ねちゃうけど、

諦めずに少しずつ出来ること増やしていってね。

 

今日は一度もめげずにできました。やるじゃん。

 

子どもが生まれてからどうしても

家の修繕は後回しになってしまっていたけれど、

こうして家族でできる日が来るんだもんな〜。時間は偉大だ。

 

やっぱりその時に出来ること

その時期にしか出来ないことを最大限楽しむことが

一番大切なんだろうなぁと改めて思う。

 

靴しまってね

 

てことで小一時間であっという間に組み上がりました〜♪

ええ感じにぴったり収まります。天才(笑)

みほのも自分で作ったよーってお友達に自慢してなー(^^)

 

さあー次は何を作ろうかなあ〜(*´▽`*)

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

3才からの川下りツアー:Nature Family 岡山川下り自然体験 

 

 

| 古民家再生 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
和歌山の激ウマとうもろこしと旅の思い出♪白浜の海のお土産

和歌山のトウモロコシ

 

毎年この時期、びっくりするぐらい甘くて美味しいとうもろこしを送ってくれる友人が住んでいる和歌山県の白浜へ先月遊びに行って来ました。

 

バイク乗りの旅人だった旦那が、20代の頃に富良野で農家のヘルパーをしていた時に知り合ったお2人。今はご夫婦でレタス農家を営んでいます。

 

お互い子供も2人。家も似たよう〜な古い日本家屋の借家。断乳したばかりで夜泣きが激しいあすみも我が家と勘違いしたのか!?すぐに慣れ、夜もよく寝てくれてびっくりでした(;^ω^)笑

 

白浜の海岸

 

家から歩いて5分で太平洋〜〜!!!白い砂浜で有名な白浜海岸から少ししか離れてないのに、そこは小石の海岸。ここで母ははまりました、貝殻拾いに( ゚Д゚)

 

そういえば子どもの頃、石ころやらどんぐりやらめっちゃ拾って取っといてたな〜とぼんやり昔を思い出しながら子どもそっちのけで夢中で小石を掘って貝殻やシーグラスを拾いまくる。楽しすぎる。てかむしろこの小石も持って帰りたい!!!笑

 

あまりに嬉々としていたので、翌日ももっと貝殻があるという別の砂浜に連れて行ってもらうことに(^▽^;)

 

白浜の海岸

 

またまたちょっと離れただけでまるで違う砂浜。不思議だな〜。

 

北海道のわたしの地元はどこへ行っても昆布しかない砂浜だったと思うんだけど。海の色も茶色で。でも同じ太平洋、海に沈む夕日、遥か彼方まで続いていく水平線にはやっぱりめちゃめちゃ感動しました。

 

貝殻とシーグラス

 

朝イチから小一時間貝殻を拾って、こんなに大量に拾ってどうするんだ!?っていうのはとりあえず置いといて、大満足で予定していたアドベンチャーワールドへ移動〜!

 

イルカショー

 

イルカショー!!

 

パンダこども

 

赤ちゃんパンダ!!

 

ジェットコースター

 

ジェットコースター!!!

 

サイ・・・の尻

 

・・・もっといい写真なかったんか(-ω-)/笑

 

閉園までめいっぱい遊んで、みほのに何が一番楽しかったー?って聞いたらまさかの「貝殻拾い!!」そうか〜高い金出してパンダ見ることなかったかー!?(^▽^;)

 

でも母ちゃんも貝殻拾いが一番楽しかったわぁ。あんなに無心になったのは久し振りだ。やっぱり親の本気は伝わるんだろうなあ。

 

和歌山の貝殻とシーグラス

 

思いがけずいい趣味ができました(*‘∀‘)笑

 

「会いたい人がいる」っていいなぁ。また遊びに行きます(^^)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

岡山の三大河川【高梁川】Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 思い出 | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マスナリ公園?マスナリレジャーランド!?ブランコのある暮らし

ブランコ

 

単管アーティスト・トシ製作のBBQ小屋にブランコが付きました♪

 

ここでも古民家らしからん単管小屋のメリットを

最大限発揮しております(;^ω^)

 

でも大人が乗るとさすがにたわむので・・・

 

登り棒

 

柱が一本追加され、登り棒ができました。

なんということでしょう(笑)

 

4才児の身体能力にも驚き。もう鉄棒の前回りも出来るしね。

ということでお次は鉄棒をご所望です。

よろしく、お父さん。もとい単管アーティストTOSHI!!

 

夏にはBBQ小屋の屋根の下にプールを出す予定。

 

もうこうなったらマスナリレジャーランド!?

ウォータースライダーもついでに作ってもらおう!

 

カエルの住処

 

ゆるキャラの着ぐるみは予算がないから、

とりあえず物干し台の支えに使っている単管パイプに

住み着いているカエルをマスコットキャラクターにしよう。

 

キャラクター名募集中(*‘∀‘)笑

 

カエルカエル

 

なんでそんな狭いとこにいるんかなぁ(^^;

 

田んぼに水張ったら移動するんかな?

 

相変わらずカエルの写真撮影が好きなのに

触れないわたし。みほのがツンツンできるようになったなぁ…

危機だわ(*ノωノ)笑

 

朝日を浴びてブランコ

 

玄関ができてブランコが出来てから、

子どもたちが庭で過ごす時間が増えた。ええなぁ(^^)

 

でも朝の5時から起きてブランコ乗ってるんは

どうかと思うぞ〜もうちょい寝かせてくれ〜〜( ;∀;)笑

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

子どもと過ごす:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
玄関ができた!玄関ができたー!やっほーい!!!(^◇^)

屋根を作っているところ

 

もうすぐこの家に暮らし始めて丸8年になるんですがね、ついに出来たんですよ!玄関が!ええ玄関がっ!!(>_<)

 
タイトルで2回吠えてしまうぐらいすごいことなんですよ、感動なのです。玄関がある家にしか住んだことのない人には伝わらないのでしょうか。日本国民にはたぶん9割方伝わらないってことなのでしょうか(-ω-)/笑
 
玄関がない家!?という訳ではなく〜玄関として使っているところはあったんですけどね。いわゆるお勝手口ですかね?ガラッと開けるといきなり台所ってやつです。サザエさんに登場する三河屋のさぶちゃんが出入りするあれですね、あれ。
 
玄関の話をする前に遡りまして・・・5月はなんちゃって大工トシ、本領発揮の月でした。
 
単管の魔術師!?
 
毎日キュインキュイン丸鋸の音が響き渡ります。誰が呼んだか単管アーティスト?単管の魔術師!?トシ!!いや嫁が呼んだんですけどね。嫁しか呼んでませんけどね。
 
古き良き古民家。
 
とはまぁ〜程遠い建築資材・単管(-ω-)/でもね〜これが便利なんです。丈夫で腐らず一人で組めて組み直しも容易。しかも組むのもばらすのも一日で出来てしまう!!!!!
 
BBQ小屋の完成★
 
てことで、GWに保育園のお友達を呼んでBBQをするために、1日でBBQ小屋が完成しました。ちなみにこの手の小屋が車庫としてうちの敷地内にもう3つ建っています(笑)
 
古民家の風情もへったくれもありません。笑うしかありません。
 
あーでもねぇ、この感じがこの違和感がこのテイストが、私にはやっぱり居心地がいいのです。いい加減降参です(笑)風情ある古民家改修は老後の楽しみに取っておくのです。今が面白くて仕方ないのです。
 
なんなら新進の単管アーティストとして売り出すか!?とアホな妄想をして楽しむことにしたのです(*ノωノ)笑
 
垂木を組みます
 
BBQ小屋完成後、せっかく屋根ができたんだから濡れずに家まで入りたいよねという話になりました。玄関として使っている勝手口の前には風呂焚き釜もあるので、雨が降っても濡れずに風呂を沸かしたい。
 
じゃあ屋根を延長しよう〜!ってことで屋根の枠組みに入りました、単管の魔術師トシ。1枚目の写真ですね。垂木も登場です。
 
UVカット波板の屋根が付きましたー!
 
で屋根がつきました!!!!単管と垂木のコラボレーション。屋根材は赤外線カットの波板なので、遮熱効果もあります。煙突のスペースは鉄板で雨じまいも完璧。ええな〜すごいな〜。
 
そうです、魔術師は褒めて伸ばします。褒めまくった結果、夢にまで見た玄関を作ることになりました。屋根があるからね。余った材料で囲ってしまえばここに靴を置いておいても濡れないからね(*‘∀‘)♪
 
※今までは家の中の廊下に靴を置いてました。
 
大工トシ敷台を作る
 
材料はどっかでもらってきた垂木と蔵を解体した時に出た棚板(結構ええ板材←一応木工経験者の嫁)。
 
あーでもこうでもないと相談しながら基本出たとこ勝負で(笑)頭の中に設計図を描いていきます。
 
玄関こんな感じ〜
 
勘のいい方はお気付きかもしれませんが、基本嫁は口しか出しません。もといブレーン担当です。彼が仕事をしやすい環境を作り出すためあえて家の中でゴロゴロしています。あえて。あえて。
 
ということで完成した玄関が・・・
 
玄関で朝一のおままごと
 
こんな感じで〜(*'▽')
いや〜いいわぁ!!テンション上がりまくって子どもたちも朝から玄関でままごとしています。嫁も毎日掃き掃除をしています(雪が降ったらたぶん私のせいです)
 
幸せな景色(^^♪
玄関というよりも、お気に入りの場所がまたひとつ家の中に増えた感じですねぇ(^^)ていうかそもそも、玄関あけたら台所、の三河屋です状態はなんら変わってないっていうね!!!!
 
玄関とは・・・なんぞや( ;∀;)笑
 
玄関の正しい使い方!?
 
正しい玄関の使い方!?笑
 
縁側風玄関。いや。玄関風縁側。あーもうなんでもいいか(;^ω^)
 
ここに下駄箱を付けて、一旦後回しにしている玄関アプローチの敷石をやり替えて、あーあれもこれもやりたい!!やってくれ!笑
っと家のことをしながら着々と川下りの準備も進めております(^^)
 
今年も暑くなるかなー!少しでも居心地のいい家を作るのが今の私の一番の仕事だな〜あー楽しいわ〜(*´∀`)
 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏ももうすぐ!Nature Family岡山川下り自然体験

 

| 古民家再生 | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本場和歌山の梅で梅ジュース作り♪

和歌山の梅

 

和歌山旅行で買ってきた青梅2kg。

 

本場の梅で久し振りに梅ジュースを仕込みます〜(^^)

 

瓶に梅を入れていきます

 

しばらく水に漬けてあくを抜いたらさぁ、先生の出番です。

梅の水気をよくふき取って消毒した瓶に入れていきます。

 

水分拭いてね

 

3分の1ぐらいに分けて、梅と氷砂糖を交互に入れていきます。

氷も梅と同じ、2kg用意します。はい。

 

全部入れたら梅が浸かるぐらい酢を入れます。

 

今回は色んな酢をかき集めたのでどんだけ入ったんか

よくわかりませんが、だいたい2,000mlぐらい?か?たぶん。

 

約一ヶ月待ちます〜

 

あとは待つだけ〜ああ簡単♪

 

一ヶ月ぐらい経って砂糖が全部溶けたらもう飲み頃。

もうすぐ6月、夏ももうすぐそこです(^^)

 

関係ないけど、うちの子たちも旦那もまだ5月だってのに

家の中ではすでに基本パンツ1枚。

 

夏越せるのかーーー!?( ゚Д゚)笑

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏のレジャーは:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 18:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春は新しいことを始める季節。やりたいことを思い出す季節。

雨上がりの桜


昨年、娘の体調不良で参加できなかった講座の先生が講師を務める半年の講座に、縁あって参加できることになった。

 

「記録すること」

「想いを形にすること」

「大切な人に伝えること」

 

先日初めて参加した講座で、「桜」をお題に連想する単語を自由に書いて、その単語の中から思い出したことを隣の人とシェアするというワークをやったのだけれど、お隣さんは昭和7年生まれ84才のおじいちゃん。

 

父ちゃん肩車

 

家の庭に植えた桜の木がついぞ花が咲かなかったという話。本職ってのはやっぱすごいもんだ。

自分が住んでいる地区にある公園の八重桜が一番きれいだという話。地元の中学生を中心に皆さんで植樹したんだそうな。

桜の公園を作ることが今でも自分の夢だという話。夢があるっていいなぁ、年は関係ない。

 

なんでもない話がなんとも居心地よく、すっかり聞き役に。そのおじいちゃんが講座の最後の感想を話す時間に、

 

「自分と年の変わらんかかりつけの病院の先生が亡くなって跡を継いでる息子が言うんだ、〇〇さんこれから私はどうしたらいいですかねぇって。もっと親父に色々聞いておくんだったって。我々の世代が生きてきた道のりを記録に残すことは次の世代に伝えることは絶対に必要なことだ。そう改めて思いました。」

 

胸が熱くなった。

 

田舎の桜並木

 

【自分史講座】という、自分の人生を振り返って文章を書いて一冊の本にまとめるという自分史作成の入門編。

 

昨年、会社勤めをしていた時には出会えなかった地域で活動している方達の話を聞いて感動して、そんな仕事をその想いをその人の言葉で紹介するサイトを作りたいという想いを発端に開業した。

 

こんな素敵な活動をしている人がいる、こんな素晴らしい仕事が世の中にはある、自分で作り出すことが出来る。こんな強い想いがある、信念がある。選択肢はいくらでもある。人生は自分で切り拓いていくことができる。

 

カエル起きた

 

動き出したものの、何がしたいのかどこへ行きたいのか見失い、一旦距離を置くことにした。自分と向き合うことに集中することにした。本当はそうせざるを得ないぐらい自分に疲れ切ってしまったのだけれど・・・

 

何をかしたい、何者かになりたい、、一年悩んで悩んでたどり着いた結論は「何もせんでもそれでいい」。そのことを自分自身で受け入れてあげよう。そのままでいい。ありのままで生きたらいい。

 

 

自分で自分を認めてあげよう。

 

 

晴れのお花見日和

 

 

生きてるだけで素晴らしい。

 

 

私も誰しも、生きていることが素晴らしい。

それだけで素晴らしい。

 

 

自分が普通だと思ってることも

こんなの何でもないと思っていることも

それなりだと思っているかもしれない人生も

 

その人だけのキラキラ輝いているかけがえのないもの。

 

誰かにとっては人生を変えるくらい特別なもの。

 

文章にすることで、記録に残すことで

その誰かに伝わるかもしれない。

誰かの力になるかもしれない。

その人の生き方を変えるかもしれない。

 

桜ピクニック♪

 

もう一度やりたいことに向き合うことにしたのです。

 

頑張らずに。焦らずに。

 

講座でおじいちゃんと「桜」の話をしていて、北海道の実家の庭にも桜の木があったことをはっと思い出した。毎年桜は花が咲くのに思い出したのはほんと数十年振り。

 

今はもう伐り倒してしまって家にはない桜の木。GWも過ぎた頃に花の開花まで待ちきれない葉っぱと一緒に花が咲く北国の桜の木。確かさくらんぼの実もつけていた。食べていただろうか。どんな味だったのだろうか。おんこの実を食べてたことはよく覚えてるのに。木登りもよくしたなぁ。

 

何ってことはない。でもふとこんな記憶の蓋が開いていくことがなんだか嬉しくて楽しくて心地よい。

 

サクラサク

 

岡山の桜はもうとっくの昔に終わったけれど、私の地元の釧路は未だに開花していない(笑)たぶんもうそろそろ咲く頃かな?ひょんなことで距離感を噛みしめる。

 

あと何回桜の花を見れるのだろう

自分に残された時間はあとどれぐらいあるのだろう

子どもと一緒に過ごせる時間はどれぐらい

親と直接顔を合わせて会える日はどれぐらい

 

どれぐらい沢山の人に出会えるだろう

 

限りある時間の中でどれぐらいのことが出来るのか。どんなことがしたいのか。考えるのは怖いけどもう一度一歩踏み出して自分の人生を自分で作っていこうと思う。
 

両手に花!?

 

女子が群がる父ちゃんのモテ気もせいぜいあと数年(*‘∀‘)笑

家族で過ごせる時間をやっぱり何より一番大切にしたい。

 

母ちゃん頑張るわー!

 

いや間違えた、頑張らないんだった。頑張らないことを頑張るのか!?いや頑張らないのだ(*ノωノ)笑

 

春は新しいことを始める季節。来年はどんな気持ちで桜の花を見ているか。見ていたいのか。想像しながら今を楽しもう。

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

2017年シーズン予約開始!Nature Family 岡山川下り自然体験

 

 

| 起業ストーリー | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/73PAGES | >>