CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
時間を有効に使う。

限界集落

 

週末お仕事、子供たちも連れて紅葉の山道を北へ車で30分。

 

30分走るだけで真備とはレベルの違う田舎の集落を視察。

いつもいつもは無理だけれど(私の気持ちの面でも)

子供一緒でもOKですよと言ってもらえる時間は本当に有り難い。

 

私の車に同乗してくれた方との雑談で。。

 

「女性の方でマニュアル乗ってるのはめずらしいですよね〜

 オートマだと運転しながらでもコーヒー飲めるし

 パンとかなら食べれるし、時間も有効に使えてよくないですか?」

 

という話になり、

 

『いやいや私、昔マニュアル運転しながらでも

 焼きそば食べれましたよ〜(笑)』

 

と、信号もない道路もアホみたいに広い

北海道での若かりし頃の私のアホ話で盛り上がった。

 

翌日。

 

その時は何も反応を示さなかったみほのが

家に遊びに来てくれたおばあちゃんと旦那の姉夫婦に開口一番、

 

「おかあちゃんは車運転しながら焼きそば食べるんよ」

 

とかあちゃん不在の場で突然のカミングアウトをし

爆笑をさらっていたらしい(;´Д`)

 

下手なことしゃべれんなーと反省( ;∀;)笑

 

銀杏のお花かんざし

 

時間を有効に使う。

 

あれもしなきゃこれもしなきゃ、

あー時間がいくらあっても足りないー!!!

と思ってしまうけれど、自分の行動を正直に振り返ってみると

日々いかに無駄な時間を過ごしているかがよくわかる。

 

その「なんとなく」過ごしている時間を

全部集めたらもっと色んなことが出来るんじゃない?

 

時間がないことを言い訳にしていない?

 

まだ本当にやりたいことが見つからないからって逃げてない?


頭の中にあるもやもやが繋がりそうでなかなか繋がらない。

人生で避けて通ってきた自分との対話、佳境です。


う〜ん、ぐるぐるぐる。すっきり年を越したい。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

高梁川の体験ツアー:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 00:29 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
デジャブ!?手足口病の恐怖再び・・・

お手製ブランコ

 

こんな季節に、あすみ手足口病発症〜〜(*_*)

(手足口病は夏風邪の一種なのです)

 

我が家では姉・みほのが1才の時に

旦那がもらって死にかけているので戦々恐々・・・

大人がかかると本当に地獄です。

 

今回はほかに被害もなく、ぶつぶつが出ている以外

あすみもわりと元気で終息。ほっ。

 

でも、これは!!!!!というタイミングと内容で

受講を決めた講座を・・・まさかの前日ドタキャン(;´Д`)

 

準備のことを思うと本当に申し訳ないし心苦しいのだけれど

「今」じゃなかったのかなぁ。。

 

私も旦那もあまり体調がすぐれなかったし

日曜日はやっぱり家族でのんびり過ごすのが今は一番なのだろな。

 

第二子の宿命

 

で、こんな時にはっ!!と気付いたのだけれど、

あすみの話題だってのにあすみの写真がほとんどない( ゚Д゚)

いつも母ちゃんにくくり付けられてますものね。

 

う〜ん、第二子の宿命(^^;

 

単管車庫(屋根がないけど)の下は元々池があったところ。

旦那がコツコツ移植したヒメイワダレソウが根付いて

いい感じに地面を覆ってくれている。

 

家のこと。庭のこと。

 

やっぱりもっとちゃんとしたいよな。

すぐ忘れる。いかんいかん。

 

後日、思いがけず講座の主催者さんから連絡を頂いて、

今後の展望もちょっと開けてきた。焦らずいこう、焦らず。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

| 田舎暮らし | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
倉敷のオススメ観光スポット!?展望台のある市役所本庁舎

倉敷市役所

 

どこのアミューズメントパークだ!?って感じのこの建物はなんと、倉敷市役所本庁舎。

 

塔のてっぺんはご丁寧に展望台になっているという・・・バブル全盛期に建てられた建物。かなり巨大。批判もあったらしいけどいい具合にレトロ感も出て私はわりと好きだったりする。

 

先月初めて中に入ったんですけどね('Д')笑

 

先月から「倉敷市のお仕事」にかかわらせてもらっています。

 

地域づくりに関心を持つようになって、倉敷市に限らず地域づくりのためにこんなに熱い想いで活動されている地方公務員がいる!!ということを出会いを通して実感できたのは私にとっての大きな収穫で、「市」は大きな塊だけれど結局動かしているのは一人一人の人間なんだなと思えるようになった。

 

選挙も一緒ですね、たかが一票されど一票。自分の住んでいる町がこんなに良いところだよと語れる人が増えるというのは絶対的に町の未来にとっていいことだよなと思う。

 

どんなことでも「自分事」として楽しめる人が増えてほしいなと思う。

 

興味関心は人それぞれ、でもどんなことでもまずは「知ること」から。

 

自分の住んでいる町にもっと興味を持ってほしい。

 

何代もその地に住み続けている人も色々な想いを持って故郷を離れて倉敷で暮らす人も、マンション暮らしの人も古民家なおして暮らす変わった人も(笑)みんなが住みよい街になりますように。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

倉敷の命の水高梁川:Nature Family岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岩塩雑貨とアロマテラピー専門店nico(岡山市北区平野)さんへ♪

週末土曜日、娘二人を連れて渋滞と大混雑のプリキュアショーと行列のパン屋さんに行ってくたびれたあと、先日参加した勉強会で出会った【岩塩とアロマテラピー専門店nico】さんにお邪魔してきました♪

 

塩の専門店!?えーー面白いっ(>_<)!!

と気になって仕方がなかったのです。

 

お店を始めようと思ったときに、健康食品とか他にも色々扱った方がいいんじゃない?というアドバイスももらったそうだけれど、それじゃ尖らない目に留まらない、と「専門店」にこだわったそうな。いや〜そりゃ気になりますよね。

 

店主さんは、そんな尖ったところなど感じさせないとても穏やかなステキな女性で、商品の説明のひとつひとつに愛情を感じるし丁寧な想いが伝わってくる。塩の浄化作用もあるのだろうけれど、好きなもの、こだわったものしか置いていない空間はやっぱり居心地がいいんだなぁと実感(^^)

 

岩塩とアロマテラピーnico

 

塩のお守りを作るワークショップもされていて(なんと100円!)、4才児も体験。キレイな和紙の中からお気に入りを選んで、店主さんと一緒に折って中に岩塩を入れて最後はハートのシールを貼ってもらいました♪

 

そしてお塩様?に「おひめさまになれますように」と願掛け(^^)帰ってきたら魔法使いになるんよって言ってたけど(笑)

 

最近特に、出会った人に瞬間で懐いてしまうみほのさん。誰にでもってわけじゃないので母をよく見ているなぁとは思うのだけれど、この人懐っこさはご近所のじいちゃんばあちゃんとの触れ合いのおかげだなと思う。ホント皆さんに育ててもらっています。

 

母はごろごろしてるだけ(*‘∀‘)笑

 

塩お守り

 

ブローチにもなる布のお花も中に岩塩が入っている塩お守り(^^)ずっと気になっていてそろそろ始めてみようかなぁと思っていた布ナプキンにも出会えたので購入☆

 

塩の専門店ならでは、鍼灸師さんとのコラボで塩灸のワークショップを開催されたり、新見で栽培している青パパイヤ入りの塩の商品開発に携わったり、塩で広がる世界?!の話が面白くてもっと色々お話を聞きたかったのだけれどそろそろ時間。

 

今度はこっそり一人で来て、店主さんともっとゆっくりお話ししたいなぁと思いながらお店を後にしました。

 

落ち葉拾い♪in総社

 

本日のラストは昨日寝る前にみほのと約束した落ち葉拾い。気付けば紅葉も散り始めているのですね〜。袋いっぱいの落ち葉と木の実と枝を拾って満足したようでよかったよかった(^^)

 

てことで無事帰宅。ん?どこにしまい込んだんだか?集めるだけ集めて満足して終わってしまうところは母に似ている(笑)

 

冬の足音はすぐそこまでやってきているけれど、寒さに負けずに風邪菌に負けずに過ごせますように☆お塩様にお願いしておこうっと(^^)♪

 

*岩塩とアロマテラピー専門店nico

*岡山市北区平野863-1

http://nicolife.shop-pro.jp/

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

季節を感じる:ネイチャーファミリー川下り自然体験

 

 

| 田舎暮らし | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
悩みなんかない、もとい悩みなんか知らない

夜中にふと気になってやらなきゃならないことを

書き出してみたら、実は今月〆切のことだらけで焦る( ;∀;)

子供が風邪こじらせて保育園休んだらアウトやな・・・

のんびりしている場合じゃない。

 

・・・と言いながらブログを書いてるんですが(笑)

 

朝起きて頭の中で段取りを組み立てながら

眉間にしわを寄せている母の隣で、

完全思い付きのオリジナルソングを楽しそうに

歌いながら保育園に行く支度をする娘。

 

母「みほのは悩みなんかないよな〜?」

 

娘「?・・・『なやみ』ってなに〜?!」

 

おーーーーそう来ましたか( ゚Д゚)!!

4才は「悩み」そのものを知らないのね。衝撃。

 

母「んと〜〜困ったりそのこと考えたら

  苦しくなったりすることかなぁー。」

 

娘「う〜ん、それはないかな」(完全に大人の女口調)

 

悩み無用

 

その時はなんか大笑いしてしまったけど、

真理をついてるなぁと思って感心して噛みしめ中。

 

自分の悩みはほかの誰でもない、自分自身が作り出している。

 

悩みなんかない。

あるがままの自分を受け入れて今その時を生きる。

 

悩みなんか知らない。

山積みの仕事なんか知らない。いやそれはちょっと待て!!笑

 

本当にほんとうに余計なことを考えずに無駄に悩まずに

今のままで自分大好き自分が一番★の素直な4才児のままで

育っていってほしいなぁと思う。

邪魔をしない母親でありたいと思う。

 

みほのさん、今日も学ばせて頂きました、ありがとう(*^-^*)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏は川下り冬は酒造り:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
娘の話をするはずだったのに気付いたら44才のオッサンの人生を語ってしまった

あすみもうすぐ1才

 

下の子あすみ、もうすぐ1才。保育園に行き出してもう半年近く経つけど、未だ家にいる間は授乳を続けている。今日も夜中の1時過ぎにあすみのぐずぐず声で起きると車の出る音。旦那が酒蔵へ向かったようだ。

 

11月に入って本格的に酒造りが始まっている。今年で4年目になる酒蔵は自前の田んぼで収穫したお米から日本酒を造るめずらしい蔵。旦那も先月は毎日稲刈りで農作業をしていた。

 

旦那は冬の間お酒造ってます、と言うと大抵の方が驚かれて、えっどういうこと!?という説明をすることになるのだけれど、なんてことはない、普通の食品製造業の会社員と一緒、造っているのがお酒だというだけの話。今の時代は・・・なのだけれど。

 

日本酒は本来、冬の寒い時期にだけ造られるもの。

 

夏の間は自分の家の田んぼで米を作り、収穫が終わったら杜氏さんが自分の下で働く人を引き連れて県をまたいで出稼ぎに出る。お酒を造る人=杜氏、とよく勘違いされるけれど、杜氏はTOPの偉い人だけでその下で働く人たちは皆「蔵人(くらびと)」と呼ばれる。

大抵の人たちが農家だ。出稼ぎで酒蔵に来て半年間泊まり込みの缶詰になって働いて1年分稼いで国へ帰って行く。

 

ほとんど休みもない集団生活、大吟醸の仕込みの時期は夜も1時間おきに起きて麹のお世話をして日が昇る前からまたその日の仕事が始まる。賄いさんが作るご飯だけが毎日の楽しみ。

 

杜氏の手がキレイだからこの化粧品が生まれましたなんてアホみたいな嘘八百話で、ほとんどが水仕事だから手は荒れに荒れ、寒さでしもやけを作りほとんど日に当たらない生活になるから顔面蒼白、蔵が始まる前と後では体重が10kgも落ちて人相も変わる・・・

 

23才の時に脱サラして酒造りの世界に入った旦那は、新潟の杜氏さんの下について日本全国あちこちの蔵を転々とし、杜氏さんから独立した後もフリーの蔵人として雇ってくれる酒蔵を探し、半年間ギリギリのところまで自分を追い詰めて酒造りに没頭する生活を送っていた。

 

その反動で夏の間は太陽を浴びまくる生活に至るのだけれど(笑)

 

いわゆる季節労働者。農家は減り若者は安定した仕事を求め、当たり前の話だけれど時代に合わない働き方になっている。旦那も結婚してから県外の酒蔵への出稼ぎはやめて、岡山の蔵で働くことになった。正確には1年目はヨメをおいて出稼ぎに行ってしまったのだけれど。

 

結婚式を挙げた2ヶ月後に('Д')笑・・・とまぁそれはまた別の話。

 

酒造り

 

岡山はどこの酒蔵も通年採用の社員を雇って、一年を通してお酒を造る「会社」になっている。岡山に限らずおそらく全国的にその流れで、蔵によってはリキュールやビールも製造していたりする。

 

旦那がお世話になっている酒蔵も旦那以外は皆社員さん。岡山にも【備中杜氏】という杜氏集団があって、かつては仕込みの時期だけ蔵人が来て泊まり込みで酒造りをしていた。社員さんが酒造りをする今は、皆自宅から通って日によって夜、麹の担当や杜氏さんが様子を見に何度か蔵へ顔を出すようになる。

 

昨晩は急に冷え込んだので気になって見に行ったのだそうだ。酒造り期間中、夜ぐっすり眠れない生活が沁み付いているのだろう。温度管理のかっちり出来る設備を持っている酒蔵ではそんな仕事ももう必要ないのだろうけれど。

 

見て覚えろの職人の世界。

どんなにきつくてもあと何日で終わりと思えば

耐えられる極限の精神状態。

失敗した年には自ら命を絶つ杜氏もいたというほどの緊張感。

否応にも春の有り難さを感じ自然の恵みに

感謝せざるを得ない環境。季節とともにある生き方。

 

今の時代には・・・合わないかもしれない。

 

でも今の時代だからこそ見直したいな、と思うしやっぱり私はそんな世界が好きだ。旦那と私はきっと仕事に求めていることは違うけれど、季節を感じて自然に感謝して暮らしていきたいなぁ。そこはきっと一緒だと思う。じゃなきゃ好んでこんなクソ寒い古民家になんか住まない(笑)

 

時代と共に職人も酒造りも在り方が変わっていく。今の時代に合った酒造りは、もう旦那が求めている命を懸けるほどの緊張感のある世界ではないかもしれないけれど、どんな形でもいいから日本の良いものが後世に残っていってほしいなぁと思う。

 

そしてやっぱり今の時代のいいところ、誰もが何をやっても自由で自分次第で可能性が無限に広がる時代。誰もがこれだ!と思う環境でその道でイキイキ輝いて働いてほしいなぁと思う。

 

早くお酒も飲みたいけれど・・・もう少し授乳も続けたい。

おっ!やっと娘の話に戻った(笑)二人目の子供。孫か!!!!っていうぐらい可愛くて仕方ない。てことはやっぱり孫の可愛さってのはこんなもんじゃないんだろな。上の子の時も同じことを書いてた気がする(;^ω^)

 

しっかり子供の成長を楽しもう。

子供たちも旦那も私も、来年の今頃は何をやっているかなぁ(^^)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

冬は酒造り:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 田舎暮らし | 11:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
こどものおもちゃ収納棚を手作り!簡単すのこDIY!

すのこでDIY!

 

朝、こんな棚があったらいいな〜と思い付いてしまって

思い付いたからにはやらずにはいられなくて

その日の予定をなかったことにして(笑)DIY!!!

 

すのこを使って簡単収納棚を製作しました。

 

なんとなく工作は旦那の担当〜と思って任せるようにしてたけど

やっぱり好きなんだな〜♪そういや家具作ってたんだっけ!

とインパクトを振り回しながら思い出す(笑)

 

すのこは桐の木だから柔らかいし安いし、

気を遣わんでガシガシビスを打てるから気楽でいいなぁ。

勉強した指物よりも性格に合ってる(;^ω^)

 

木の色味も、わざわざ塗らんでも古い家と相性がいい。

 

こどものおもちゃ収納が完成

 

ものの30分で完成★

カゴを探してあちこちホームセンターをはしごしたので、

買い物のが時間かかったな。

 

全部で6,000円弱。高いか安いかわからんけど、

自己満足度が高いので得したな〜と納得の出来(^^)

 

整理収納アドバイザーさんから教えてもらった

入っているおもちゃがわかるように写真を撮って

カゴにラベリングをしたいんだけどいつになるかな〜。

 

お片付けがんばれ♪

 

何より嬉しいのは、みほの4才が

「すごい!かあちゃんすごい!!」とめちゃテンション上がって

自分からすすんでお片付けをしてくれるようになったこと♪

 

あすみが片っ端からカゴをひっくり返して

散らかしていくおもちゃも「みほちゃんがしまってあげようか?」

と言って片付けてくれる。

私がやりますよ、のアピールは忘れない(笑)

 

部屋も頭の中もだいぶクリアになって来た!

お片付け、奥が深いわ〜本当に面白い★

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

| 田舎暮らし | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏の終わりの栗ご飯。季節は確実に移り行き、田舎暮らし8年目の秋に突入です。

 

8月の終わりにいただいた初モノの栗で栗ご飯(^^)

 

渋皮剥きがほんま大変で・・・手首は悲鳴上げる寸前(笑)

よっぽど全部そのまま塩茹でにしてしまおうと思ったけれど、

ひと手間かけた甲斐あってやっぱり美味しい季節の味♪

 

う〜ん、でも早いよねぇまだ8月なのに栗。

おかずはゴーヤチャンプルとミニトマトと食後には黄桃。

(今日はこれだけ?と4才児からツッコミが入るT_T笑)

 

食卓も夏秋混在、季節の変わり目だなあ。

 

栗も野菜も果物も全部いただきもん。

これぞ田舎暮らしの一番の恩恵。ほんまにありがたい。

 

相も変わらず「気になったこと」にはなるべく頭で考えずに

とにかく参加してみる!ことにしてみていて、

今日聞きに行った市民講座でグッときたワード【物技交換】。

 

色んなことを模索中だけれど、一番根っこにあるのは

 

人の優しさに触れるたびに

「こんないい集落ないよねぇ 」と旦那といつも話していた

ご近所さんに何か恩返しがしたい。

 

という気持ち。

 

10年後も20年後も「こんないい集落ないよねぇ」と

言いながら面白おかしく暮らしていたい。

 

という気持ち。

 

 

 

【物技交換】

 

 

 

有り難くて何をどうお返ししていいやら

わからなくなるほどの「物」にお返しできるような「技」。

そんな大層なもんないですよ・・・と言いたくなるけど

 

 

・・・あるかも。

 

 

とちょっと思い出した8年目の夏。

季節は確実に移り行く。この秋はなにが出来るかなぁ。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

9月は週末のんびり:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

 

| 田舎暮らし | 10:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
好きと嫌いをかん「がえる」※カエル嫌いさん閲覧注意

わかるかなぁ。わかんねぇだろうなぁ、この興奮。

 

エコカーテンを地植えしている花壇に

何年か前に植えたシソがわさーっと自生してきて

今年はシソを買わずに済んで有り難い。

 

お昼ごはんにちょいと入れようと思って

シソを取りに行ったら・・・

 

カエル

 

!!!!!

 

はあ〜〜〜〜みっけ!見つけましたよっと(>_<)

ゴーヤの葉っぱにちょこんとかくれんぼしていたカエルさん!

ようこそ我が家へ!!

 

小指の先に乗るほど小っちゃいのです〜萌〜〜!!

 

かえる

 

だったら小指に乗せて写真撮ってよ!!と思うでしょ?

 

これが撮れないんだな〜だってカエル触れないもん(-ω-)/

昆虫も基本NG。都会派なので(笑)

 

今年の夏はみほのがセミを掴めるようになり

母として人生の危機を感じています('Д')

 

セミを掴めるって言っても死んだセミだけ。

生きてるやつはまだ「むじかしい」らしい。それもどうなんだ!?

 

エコカーテンにカエル

 

ピョンとジャンプするたび声にならない悲鳴を上げながら

ご飯支度そっちのけでしばらく一人撮影会。

 

こんなに小っちゃいのにちゃんと生きている。

命ってすげぇなあ。なんて美しいんだろう。

 

なんで触れないんだろう(*ノωノ)人生損してるな〜と思う。

 

見つめあうカエル

 

あ、目が合いましたね。しつこくてすみません。

 

なんだろう。こんな時間を忘れて熱中できることだけして

アホな時間だけ過ごして生きていきたい。

何年か前の夏もこんな写真ばっかり撮ってたな、と思い出す。

 

悩みと思考の渦の中。

 

好きなことして生きていきたいってよく言うけど

私の場合好きなことってなんだろう、からで。

 

カエルも昆虫も写真を撮るのは好きだけど触れない。

好きか嫌いかと聞かれるとわからないけど

得意か苦手かと聞かれるとたぶん苦手なんだと思う。

 

必死でしがみつくカエル

 

ブログは好きだけどfacebookはやっぱり苦手だ。

 

人生はトライ&エラー。やってみないとわからなかったし

苦手だけどやめようとは思わない。

でも付き合い方を変えなきゃならないなとわかった。

 

自分に合ったストレスのない発信の仕方を再度見つめ直す。

 

便利なものを便利に使うためにも

やっぱり自分の「芯」が必要なんだな。

 

見つめるカエル

 

だからしつこいって?!

はいはい、めんどくさいやつですみません(^◇^;

 

めんどくさい自分、どうにも出来ない生きづらさを抱える自分。

 

人にわかってもらえないことが辛いと思ってたけど

人にわかってもらいたいと思うから辛いんだな。

 

人にわかってもらえる訳がない。それでいい。

元気で明るくて頭からっぽお花畑〜な自分。それでいい。

 

それでいいのだ。

 

蛙

 

バカボンボン。っと。

肩の力を抜いてふーーーーっと息を吐き切る。深呼吸。

 

カエルさん長い間お付き合いありがとう、お疲れさん(^^)

またお会いしましょう♪(それはイヤだって?!笑)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

生き物観察も:ネイチャーファミリー岡山川下り自然体験

 

 

| 田舎暮らし | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ちっぽけな自分を認めるとこから始めていこう

少子高齢化と限界集落

 

もう凹まないと

公言した翌日に

激へこみ(/__)/笑

 

ちっぽけなちっぽけなちっぽけすぎる自分に凹む。

 

でもたぶん必要なプロセスなのだ。

 

問題を大きく捉えすぎると身動きが取れなくなる。

息苦しくて何もしたくなくなる。

家の中の散らかり具合で自分の心の内がよくわかる。

 

国の根幹を揺るがすような日本が抱えている問題を

最近やっとぼんやり考え出したぼんやり生きてきた私ひとりで

変えられるわけがない。

いきなり一気に解決できるはずがない。

 

でも・・・

 

 

自分がアクションを起こすことで確実に何かが変わる。

 

小さな小さな小さなことでいい。

 

 

矢掛にあるとてもステキな雑貨屋さんの店長さんが、

 

「み〜〜んなが好きなことやって生きてたらこんなに

 ピリピリせずに世の中もっと平和になると思いませんかー?」

 

と言っていた。なんてステキなんだろう。

毎日のように思い出しては噛みしめてついニヤニヤしてしまう。

 

早く小学生になりたい4才

 

今から20年以上前(わお・・・気付いてびっくりw)

小学校5,6年生のころ、核兵器はどうしたらなくなるか?

というテーマで討論の真似事のようなことをする授業があった。


高学年にもなると、みんなあれこれそれらしい意見を言う。

 

その中ではっきり覚えていること。

ある程度議論が白熱してきてそれぞれ意見を言ったころに

パッ!!と手を上げて・・・

 

「みんなが一斉に核兵器やーめた!って

 捨てちゃえばいいんじゃないですかー?」

 

みんな(=どの国も)一斉に、が自分の中でポイント高く

自信ありアリで発言したのだけれど、

結果は「そんなの無理に決まってる!!!!!」の集中砲火。

 

たぶんズレていたのだろう、論点はそこではなかったのか。

未だに引きずるくらいショックだった^^;

 

でも今は、私もそう思う!って声なき声をあげていた子が

本当はいたんじゃないかなと思う。う〜ん、思いたい。

 

 

理想だけじゃ何も解決しない。飯も食っていけない。

 

でも理想がなかったら生きていても味気ない。

 

目指す世界をハッキリ描いて小さなことを積み上げていくしかない。

 

 

何もできない今の自分に凹んでもやもやしながら

今年から関わらせてもらっているボランティアに参加した。

 

働いて汗を流して、子供たちと本気で声を出して歌ったら

なんだかとってもスッキリしていた。

 

 

翌朝も5時30分に起きてツアーでお出しする

ホットサンドの準備をして朝ごはんと旦那のおにぎりを作り

わちゃわちゃしながら子供たちを保育園に送り出す。

 

家に帰って洗濯干して布団も干して茶碗を洗って

晩ご飯の下ごしらえをする。

やり出せば1時間もかからないこと。

エネルギーがないとついつい後回しにしてしまうこと。

 

でもこんな日常の小さな積み重ねもとても大切なこと。

 

 

今は有り難いことに仕事もいくつか。

そうなのだ。私はやることが多い方が燃えるのだ。

 

ついつい家事はそこから除外してしまうのだけれど(笑)

仕事しながら今日は部屋も片付けて、

笑顔で娘たちをお迎えに行けるよう頑張るぞっと。

 

皆さまもよい一日を〜☆

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏真っ盛り!Nature Family 岡山川くだり自然体験

 

 

| 田舎暮らし | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/29PAGES | >>