<< 救援物資を頂く。感謝。 | main | 今日も復旧作業。子供たちは水遊び。 >>
ついに上水道復旧!土砂災害危険避難指示誤報

8:00過ぎ

長府風呂釜バーナーの原因究明。

長府風呂釜バーナー分解

数日前から急に灯油を噴射しなくなっていた。

これでは給湯器が使えない今、追い炊きするには

薪を使わなければならず、かなり面倒なので

直す必要がある。

灯油タンクからホースまでは問題ないことを確認。

まいったなぁ。

9:00

やっと浸かってしまった家の片付けに参加する。

主に重量物の水を吸ってしまった畳や

タンス等を運び出すのが仕事であるが、

その同線確保にも散乱する物をどかすだけでも一苦労。

中でも引き戸が水を吸っているので動かないが困った。

家の方がパンタグラフ式ジャッキとつっかえ棒で

鴨居を押し上げようとしているが、上手くいかず、

結局敷居のレールを無理やり外したのち、金づちで

引き戸を横から叩いて無理やり開けてた。

11:00頃

とりあえず今日の作業は終了したので、

浸水してしまったS660のETCカードを抜く

作業をしに現場へ。

S660むごいという言葉しかない

完全に水没してしまったほぼ新品の名車。

オーナーさんがとても大切にしていたものだけに

ショックは計り知れない。

ワゴンRの方が荷物は積めるし、いざとなれば

寝ることもできるからと、そちらで避難されたとのこと。

まさかここまで水没するとは思っていなかったのでしょう。

仕事の都合だったのか避難するまでに時間があまりなく、

とっさの判断がこの結果になったことを

心底悔やまれておりました。

無事ETCカードを抜き取ることに成功。

11:30頃

子供たちを預けていたご近所様から

水が出るよと連絡を頂く!やった!!

「まだ試験通水段階の為、飲料には使用しないこと。」と

水道局広報車が呼び掛けていた。

13:00過ぎ

「土砂災害、落石の危険有あり!直ちに避難!」

小田川沿いをサイレンを鳴らしながら

1台の消防車が走ってる。

どうしようかなーと思いながらご近所様宅へ

子供達への桃を持っていったら、

大慌てて私の子供達も車に乗せて避難するところに

出くわし、私も慌てることにする。

土砂災害避難指示

小田川土手沿いに伸びる桜公園からの写真。

山の頂上付近が少し崩れているのが分かる。

私は気づいてなかったが、以前からこの状態のまま

今に至っているらしいのだけれど、

今回、洪水被害で応援に来ている県外の消防チームが

この山を見て、避難指示を出したとのこと。

当然、消防本部はこの避難指示を知らなかった。

結果誤報ということになるが、洪水被害後の夕立は

ホントに激しいので、ヒヤヒヤする。

場所的に八高地区から少し離れているので正直安堵。

こちらの地区は気が気じゃないと思う。

2:00過ぎ

時間が出来たので、再び長府バーナーをバラす。

結果、ポンプを作動させるに十分な電圧が

無いことが判明。基盤のリレー動作不良っぽい。

幸いAC100入力なのでコンセントプラグを付けて

直接制御したところ、灯油を噴射するようになった!

しかし、炎は出ず。

ノズルが少し詰まっっているのか霧状に出ない。。

もう少し時間がかかりそう。とほほ。

 

2018年中止:Nature Family 岡山川下り自然体験

| - | 04:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inaka.nature-family.com/trackback/770
トラックバック