CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 真備町で給水所が開設される。 | main | 私設給水所撤収。 >>
高梁川を見に行く。。

3:30頃

次女がグズッて目が覚める。寝れないのでそのままブログ書込み。

6:20頃

昨日、丸本酒造(株)様から頂いた水を公会堂横の

うちの敷地内に設置しようとデリカを旋回していたら

そのまま少し離れたご近所様宅へ横付けしてデリバリーサービスと化す。

8:10頃

丸本酒造(株)様へまた水を取りにSさんの軽トラで出発。

今日は営業日という事もあって、従業員の皆さんにも会えて元気をもらう。

「うちでも今から給水所を設けようとしているんです。」と社長。

さすがです!本当に有難い。そして行動が早い。見習わなければ。

9:00頃

無事真備町服部へ戻って、水タンク設置作業。

今日は快晴で気温もすでに30度近くある感じ。

生水で塩素が入ってないから

品質の劣化を心配して、エマージェンシーシートを巻き付けて、

テントで囲い、さらに買ったばかりのタープで日影に。

(写真撮り損ねた)

10:00

寄れる住人だけ集まって、伝達事項を地区長が伝え、

相談事も。

水はすっかり引いたので、今度は浸かった家の

片付けを始めるところだが、

今回の水害を仕切っている消防からは、

消毒前に家に入ることはやめてくれとのこと。

しかし、入って作業することを止めることは出来ない。

要は責任は自己責任で。

この地区の取り決めとして自宅は基本住人の手で片づけるが、

人手が要る大きい物を運び出したりするときには遠慮なく

要請してくれとのことで、2件が手を挙げる。

同時に始めると、こっちは来てくれたのにこっちは

来てくれなかったということになるので日をずらすことに。

14:00過ぎ

結局本日は片付けを始めないことになったので、

気になっていた高梁川を見に行く。

真備の街中はまだ泥や水で通れない可能性もあり、

家族全員での移動なので安全第一。矢掛から北に迂回。

真備町尾崎へ延びる支流堤防

八高橋北側尾崎へ延びる支流の堤防が崩れている

備中呉妹駅前交差点

備中呉妹駅前路面。陶器でも作れそうな

細かい粒子の泥。

これから暑くなり乾くと舞い散る。これから始まる強敵。

信号は機能しておらず、警察が整理しているところも。

呉妹小給水所

呉妹小学校給水所。昼間だったから

意外とガラガラだったのに驚く。

井原鉄道高架下と小田川支流

井原鉄道高架下田んぼや小田川支流。残骸多数。

途中火事の為迂回したりとまともに行けない。

486号線から30号、80号を土砂崩れの為に

迂回しながらも通り抜け無事高梁川を見る。

詳細は川下りブログへ。

備中呉妹駅

帰り道。備中呉妹駅左側に見える瓦屋根の

休憩所兼トイレも

屋根まですっぽり泥水を被っている。

実は帰路は54号線を通り、真備町中心地を

少しかすめて入って

見たのですが、予想を上回る泥泥泥。舞い散る土埃。

その中で作業をする人の姿も多く、

とてもカメラを向ける気には

なりませんでした。時間があれば

ドライブレコーダーからでも

編集できるのですが。。何せ復旧活動優先。

ごめんなさい。

20:00

丸本酒造(株)様従業員Tさんから届けたい物資がるから

今からお邪魔してよいかと聞かれるも睡眠不足と

高梁川を見た精神的疲労感からでお断りする。

22:00

泣く次女をなだめて寝かしつけれぬまま就寝。

 

今シーズンは無念で賞:Nature Family 岡山川くだり自然体験

 

| - | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inaka.nature-family.com/trackback/767
トラックバック