<< 雨の日は撮りためた写真の整理を・・・ | main | 真備町服部八高浸水状況 >>
雨戸を窓にDIY!ツインカーボの出番です

にわか大工登場

 

朝からトンテンカンテン(まぁいつものことなのですが)

なんやねん!と思って見に行ったら大工トシ登場。

 

・・・ない!あるはずのあれがない!!!

 

雨戸Before

 

そう、ここは雨戸があった場所。

 

居間にしている北側の部屋は

障子の向こうがそのまま雨戸になっているので、

明かりが入らず、いつも電気が必要な薄暗い部屋でした。

 

雨戸が変身・・・

 

雨戸の枠に付いていた板を剥がして、

枠から外せず飛び出ている釘を処理します。

 

板の代わりはツインカーボを使用。

透明なポリカーボネートの板の間に中空の層があり、

保温・断熱効果もあります。DIYには欠かせない素材。

 

古民家再生を横に置いておくのは我が家流。

もはや屋根はギンギラギンだし単管に囲まれまくってるし(-ω-)笑

作業性、快適性、機能性重視。それでいいのだ。

 

雨戸Afterツインカーボ

 

かな〜〜〜りイイ感じです!

まだ一枚変えただけですが、かなり明るい!

雨戸の板は割れて穴だらけだったので、

虫の侵入も防げるはず(^^)

 

これ枠を取り外せたらもっと作業しやすいんだけどね〜

と脚立に立って作業しながら話していて

ふと上を見上げると・・・あっ!!

 

建具が外せる仕掛け

 

なんと!

 

鴨居の一部だけ、雨戸の枠の幅分みぞが切ってあります。

 

このみぞに場所を合わせた時だけ枠が取り外せる構造。

は〜〜なるほど。細工が細かい。

ほんと昔の人はすごいなぁ。

 

雨戸はあと3枚。もう1枚変えられたら

十分明るい部屋になりそう(^^)

 

よろしくお願いします!大工トシ!!

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

岡山の夏休みは:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

 

| 古民家再生 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inaka.nature-family.com/trackback/764
トラックバック