CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 田舎暮らしの必須アイテム☆草刈り機デビュー! | main | にいやま田植え体験×とくらかふぇに参加してきました >>
笠岡諸島最南端の六島・水仙植えるカムツアーに参加してきました

六島に到着〜

 

初上陸!笠岡諸島最南端にある六島(むしま)へ。

 

昨年末に六島に地域おこし協力隊で入られている方のお話を聞く機会があり、六島への熱い想いがビシバシ伝わってきてあーもうぜひ行ってみたい!体感してみたい!!と思っていました。

 

ちなみにその方が作ったたこ焼きは私の人生の中で一番美味いたこ焼き(*‘∀‘)

 

月日は流れ〜先月遊びに行った和歌山で貝殻拾いにはまり、近くで拾えるところないかな〜と思っていたところに【水仙植えるカムツアー2017】というイベントのご案内をいただいて、こりゃ行くしかない!!とお友達も誘って参加することに♪

 

水仙を植えます

 

40人以上の参加者が連なって集落の狭い路地を抜けて斜面を上がり、一気に視界が開けた高台の開墾地にみんなで水仙の球根を植えていきます。

 

年が明けて1〜2月頃には、辺り一面真っ白な水仙でいっぱいになるんだそうな。そりゃ見に来んといけんなぁ。六島は今は70人か80人しかいない小さな島だけど、こうして関わる人が増えていく。季節ごとに訪れてくれる人がいる。

 

地域づくりってこういうことだな〜。自分たちが住んでいる地域を愛して、もっとよくしたいと思う。伝えたいと思う。自然と繋がりが出来て輪が広がっていく。

 

ええなぁ、六島。

 

灯台への山道

 

水仙の球根を植えた後は、道中自生しているビワをつまみ食いしながら、島のあちこちにいるブイで出来たねこちゃんの道案内で山道を進み灯台へ向かいます。

 

六島の灯台

 

着いたー!現役なのか?あー色々説明ちゃんと聞いとくんだった(^^;

恋の願い事をすると叶うって言ってたぞ。3人娘にはまだ早いか〜。

 

灯台から瀬戸内海を眺めて(写真がないのよね〜)港にある公民館へ戻り、お昼は島のお母さんたち手作りのカレー!めちゃめちゃ美味かったああー!(写真がないのよね〜)

 

瀬戸内海〜!

 

あとは自由時間!波に打たれながら海岸でシーグラスと貝殻をしっかり拾って帰りました。まーーー海の色の美しいこと!!本土とはまるで別の海。

 

六島のシーグラスと水仙

 

大量大量(^皿^)

 

帰りは、水仙の球根を植えた後に撮った集合写真と折り紙で作った水仙をお土産にもらい、船から手を振って見送ってくれている島の皆さんを見ているとなんだか不思議とこみあげてくるものがあって「帰りたくないなー」と思いました。

 

海上タクシーで帰路に着く

 

喧嘩もするけど仲良しの2人。色んなところへ連れて行ってあげたい。色んな景色を見せてあげたい。

 

でも何より、色んな人と触れ合って色んな人の価値観に触れて、自分の感覚をしっかり味わえる人に育ってほしいなぁ。

 

よき出会いに感謝です。また行こうね、六島(^^)♪

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏休みの楽しみ:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 思い出 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inaka.nature-family.com/trackback/732
トラックバック