CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 古民家生活8年目にしてついに!文明の利器クーラー登場!!※やや難あり | main | みほの4才おめでとう!モノより思い出。誕生日の記録。 >>
笠岡市神島にアートな活動拠点が誕生です:長鋪邸オープンハウス

長鋪邸中庭

 

笠岡市神島(こうのしま)にある長鋪邸(ながしきてい)のオープンハウスに行って来ました。企画したのは笠岡市地域おこし協力隊、広報担当の岩渕真紀さん。美術大学出身で先日めでたく「わな猟」の資格を取得した彼女。

 

わなりょう!?いやいや聞き間違いではありません。「罠(わな)」で「猟(りょう)」をする資格を取得したとのこと。

 

何がどうなってるかおばちゃんにはわかりませんが、最近東京の若いオシャレ女子の間では猟師の免許を取ることが流行っているそうです。ぬーとりあの歯の色がどうだとか獲っていいたぬきとダメなたぬきがいるとかやっぱり生け捕りは高く売れるとか、多くの皆さんが今までの人生で交わしたことのないであろう会話が楽しめますよ(笑)

 

長鋪邸縁側

 

一見都会的でとっつきにくそうな印象を与える真紀ちゃんですが、話してみるととっても芯が通っていてちゃんと自分の言葉で丁寧に説明することが出来るとても素敵な女性です。最近の若いもんは・・・などと言っている人たちに会わせてやりたい。

 

というか私が最近出会った平成生まれの子たちはみんな本当にすごい輝いています。眩しい!!今回のオープンハウスもこの「若い力」がなければ実現しませんでした。

 

長鋪邸は築200年にもなる庄屋屋敷。8年ほど前から空き家になり、山岡さんという女性の方がずっと「この家で何かをしたい!」と想いを持って家の管理をしながら活動を続けて来られて、地域おこし協力隊の真紀ちゃんという強力なパートナーを得て今回のオープンハウスが実現しました。

 

長鋪邸オープンハウス

 

イベントの開催が決まって、Facebookの告知と250枚準備したチラシ以外は口コミだけで3日間400人近いお客様が来場されたとのこと。山陽新聞にも取り上げられ、たくさんの人たちに待ってました!!と喜んでもらえるイベントになりました。

 

あまりに居心地が良くて、たまたま会えた友人や知らんおっちゃんおばちゃんらとちゃぶちゃぶして気付けば3時間以上滞在(笑)外は真夏の暑さなのに、家の中は日本の古い家特有の気持ちのいい風が吹き抜けていました。

 

あじさい

 

撮影者の私の腕はともかく、どこを撮っても絵になる家、とはまさにこのこと。お庭も家も草花も、本当に愛情を持って管理されてきた家なんだなということがすごくよくわかりました。

 

私が住んでいる古民家は何10年も空き家だったので、私が初めて見学に行った8年前の時点で人が住めるか住めないかギリギリの線でした。蔵は朽ち果てて屋根が落ち、潰さざるを得ない状況でした。それでも私たちが住み始めてから8年、家は潰れることなく息を吹き返しています。

 

家は人が住むことで甦ります。風を通すだけで息を繋ぎます。これから増える一方の空き家問題。すべての家を残すことは出来ないけれど、古き良きものを若い力でよみがえらせる、長鋪邸はとても素晴らしい先進事例になるんじゃないかなぁとワクワクしました(^^)

 

長鋪邸の蔵

 

何より真紀ちゃんもお手伝いに来ていた地域おこし協力隊の仲間の子たちも本当に地域の方たち、おばあちゃん達に愛されている(^^)異なる世代が交わることで地域が元気になる、これから私がやっていきたいことにもとても大きなヒントをもらった気がします。

 

そしてもうひとつ嬉しい出会い。きっと近いうちに新山ひと図鑑に登場するであろう89歳のおばあちゃん(^^)

 

なんと自分一人で車を運転して神島まで来られたとのこと!!!もとはおそらく茶室だったお部屋に入る前にお扇子を置いて一礼してから入るような普段からきっと丁寧な暮らしをしているんだろうなというのがわかる、とても素敵なおばあちゃん♪

 

新山の素敵なおばあちゃんと

 

あれこれ話をしていて、「岡山は本当にいいところよ〜!こんなにいいところはないわよ〜!」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。その言葉。私も何度も大好きな近所のおじいちゃんおばあちゃんから聞いています(^^)おばあちゃん、岡山のよさがもっともっとたくさんの人に伝えられるように頑張るね、今日出会えて本当にホントによかった☆ありがとう〜(^^)

 

玄関から靴が溢れるぐらいたくさんのお客様がいる時間帯もありましたが、とても静かなのんびりした空気が流れる長鋪邸。

 

長鋪邸に流れる緩やかな時間

 

子供から大人まで、色んな人が来場された今回のイベントを引き継ぐように、芸術や文化活動を通してたくさんの交流が生まれる場所になっていくと思います。主催者の皆さま、素敵な企画をありがとうございました。お茶にコーヒーにお抹茶にお菓子に真紀ちゃん手作りの桃のコンポート!美味しかった〜お腹ちゃぽんちゃぽんです(笑)

 

 

 

 

地域おこし協力隊。

 

 

 

 

なんでしょう。気になって気になって気になって仕方ありません。私と同じ世代、自分よりも若い世代でこんなに地域のことを考えている人たちに出会ったのが初めてだからなのだろうか。出会ったひとが皆、「自分の言葉」をきちんと持っていて眩しくて仕方がないからだろうか。3年という任期と安定した給料を与えられその中で成果を求められる。うまく利用して渡り歩く人もいるし向き合って悩み迷い苦しむ人もいる。

 

音の鳴る箪笥

 

「地域おこし協力隊はスーパーマンじゃない」という言葉がものすごく鮮烈で、地域の人はスーパーマンを求めているのかもしれないけれど、そんな期待に応えようとしたらあっという間に潰れてしまう。

 

地域の人は定住してくれることを望むのかもしれないけれど、そんなことよりも、いかに地域の人たちが本来持っている力を引き出せるか、新しい風を巻き起こせるか。そしてどれだけ愛される存在になれるかファンになって応援してもらえるか。

 

私がこの10日間の間に話を聞かせてもらったまだ着任して1年経たない4人の地域おこし協力隊の人たち(もう一人は近々登場予定)は、タイプも考え方も全然違うけれど、これから地域でどんなことしていくんだろう♪というワクワクに溢れている。

 

記録に残すことで何か小さなヒントが生まれるんじゃないかなぁという想いが芽生えてきました。何より私が一番の応援団でありたいなぁ♪と思いました。

 

桃のコンポートとお茶のサービス

 

岡山ひとつなぎコーディネーターなどという胡散臭い肩書を作り上げ(笑)走りながら何を仕事にしていけるか考えているけれど、自分の気持ちに正直に、損得考えずに、楽しいことだけ考えてやりたいことやってみようと思います(^^)さあ〜てと!まずは取材交渉だな。いかさ田舎カレッジの塾生さんは強制ですけどね!?笑

 

さてと。考えがまとまったのでもう一寝入り。今日はみほのの誕生日。あすみを保育園に預けて3人で映画アンパンマンを見てきます♪映画見ながら寝れるな〜と思ってたら旦那もまったく同じことを考えているようなので、子供らが起きてくるまで頑張って寝ます(=_=)笑

 

梅雨明けももうすぐなんかな〜?皆さま、よい一週間をお過ごしくださいね☆

 

====

 

【岡山ひと図鑑】FBページはこちら!

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

川に飛び込み:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

 

◆◇◆◇◆

岡山ひとつなぎコーディネーター

マスナリエリカの起業ストーリー・その4まで公開中☆

◆◇◆◇◆

 

次回、その5は・・・

 

「私の地元・北海道でのお仕事〜大自然編」

 

自然の中でのんびり働きたい♪

田舎暮らししてのんびりしたい♪・・・それは幻想です!?笑

 

その1・大安吉日、わたし開業しました♪伝えたい言葉が溢れて止まらない日々

 

その2・4才まであと8日。姉ちゃんみほのの赤ちゃん返り。

 

その3・赤ん坊を背負って働きに通った玉島のパン屋【ぱんご〜の】のこと

 

その4・東京の音大落ちて京都で職人を目指し会社をクビになって北海道に帰るまで

 

| 古民家再生 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inaka.nature-family.com/trackback/680
トラックバック