CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 大安吉日、わたし開業しました♪伝えたい言葉が溢れて止まらない日々 | main | 赤ん坊を背負って働きに通った玉島のパン屋【ぱんご〜の】のこと >>
4才まであと8日。姉ちゃんみほのの赤ちゃん返り。

 

土曜日は1日玉島デー。

 

娘2人を連れて、朝一番に子連れOKのヨガで久し振りに体を動かし

来月から始まる保育園のプールに必要な買い物へ行き

オシャレなカフェでランチをして

午後からは映画「うまれる」の自主上映会へ。

 

冒頭5分でもう涙が。10分もしたらみほのは飽き出して

お友達と歩き回りどうなることかと思ったけれど

クライマックスが近付いて出産シーンを一緒に見た。

 

妹あすみが生まれる日。陣痛がきだした夜中の2時頃から

みほのもかなりなハイテンションで起きてきて

6時過ぎに無事出産するまで父ちゃんと一緒に立ち会ってくれた。

 

しかも助産師さんのバックに回り込んで

出てくる瞬間までしっかり覗き込んでたっていうね(笑)

 

3歳児にはとても強烈な印象だったのだろう、

今でも時々思い出したように

「母ちゃん、あすみちゃんが生まれるとき泣いてたなぁ」

と話をしてくれる。

 

そんなこともあったので、出産のシーンを見たら色々思い出して

またあれこれ話が出来るかな〜♪

 

と思っていたのだけれど・・・様子がおかしい。

 

終わった直後から明らかに不機嫌で理不尽なわがまま放言。

眠いせいだろな〜と帰宅道中寝ていたみほのを起こしてみても

さらに火が点いて手の施しようがない感じ。どうした〜〜〜

 

いやこれは。

 

赤ちゃん返りか。

 

出産シーンを見て妹が生まれる前のことを思い出したのか。

 

父ちゃんも母ちゃんも自分しか見ていなかった日々のこと。

抱っこして!と言ったらいつでも抱っこしてもらえた日々のこと。

 

そう思ったらどうにもこうにも切なくなって

留守番していた旦那にあすみを預けて

泣き叫び暴言吐いてるみほのを抱っこしてひたすら庭中を歩いた。

 

あっちじゃない、こっちじゃない、そうじゃない、

母ちゃんが悪いんじゃ!うあ”〜〜〜〜

 

私が見た、みほのの初めての赤ちゃん返り。


私が産後入院しているときは、父ちゃんとばあちゃん相手に

泣き叫んだり部屋に籠城したりしたみたいだけれど

退院してから一度も妹をいじめたりいらない!って言ったり

なんてしたことがない。

とってもとっても可愛がってよく面倒も見てくれる。

 

あーーー・・・ものすごーく我慢していたんだなぁ。

 

我慢していて当たり前なのに気付かなかった。

いや、気付いてたのに聞き分けのいいみほのに甘えて

気付かないふりをしていた。

 

 

みほのが生まれてから、妹のあすみが生まれるまで

日中は保育園に預けていたけれど

一度も夜離れて寝たことがなかった。

 

出産した日から母ちゃんは赤ちゃんと2人で入院。

 

翌日の夕方にばあちゃんを引き連れて「こっちの部屋なんよ!」

と楽しそうに階段を上がってくるみほのの声が聞こえてきて、

 

なんっ・・・て可愛い声なんだろう。

こんなに可愛くて幼い声だったんだ。

 

と気付いてはっとしたことを思い出す。

 

2人目が生まれたからって「おねえちゃんなんだから○○」

なんて言い方は絶対してはいけませんよ!

と言われるしわかってはいるけどやっぱり言ってしまう。

 

ダメな母だと思いながら

それでも母を辞める訳にはいかないから毎日が試行錯誤。

 

本当に子育ては自分育てだなぁと思う。

 

 

開業する!と決めてからあっという間に

近々のスケジュールが埋まっていっている。

やりたいこともやるべきこともいくらでもある。

 

でも私の一番大切な仕事は母ちゃん業!

 

大切なことを見失わないように。

家族と毎日笑顔で過ごせるように。

 

日々の暮らしを楽しみながら自分のペースで頑張ります(^^)

 

こんな母ちゃんだけど、頼むよみほの!

じゃなかった、スーパーマン(自称)!!!笑

 

あー、子供ってホント面白い。面白い。

 

 

JUGEMテーマ:子供達との記憶

 

夏の思い出作りに:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

◆◇◆◇◆

岡山ひとつなぎコーディネーター

マスナリエリカの起業ストーリー・その2

◆◇◆◇◆

 

次回、その3は・・・

 

「赤ん坊を背負って働きに通った玉島のパン屋・ぱんご〜の」

のご紹介です(^^)

 

| 起業ストーリー | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
みほのちゃん、いっぱいいっぱいガマンしてたんですね。

そんなみほのちゃんの気持ちに気が付いてあげることが出来るエリカさん、りっぱなお母さんですよ。

でもこの世に100%完璧なお母さんなんていません。

子育ては子供を育てるだけじゃなく、子供にも育てられていて
いっしょに成長していくんですよね。

まだまだ長い子育て、頑張り過ぎずガンバって下さいね(^^)/

スーパーマンのみほのちゃん、とってもキュート♪


| 丸 | 2016/06/27 6:23 AM |
>丸さん
コメントありがとうございます^^

子育ての先輩にそう言ってもらえると
本当に気持ちが楽になります。
悩んでるお母さん皆に伝えたい言葉ですね☆

がんばります♪

3才児、毎日いろんなもんに変身してますが
母には月光仮面にしか見えません(笑)

| erika | 2016/06/27 10:39 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://inaka.nature-family.com/trackback/670
トラックバック