CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
好きと嫌いをかん「がえる」※カエル嫌いさん閲覧注意

わかるかなぁ。わかんねぇだろうなぁ、この興奮。

 

エコカーテンを地植えしている花壇に

何年か前に植えたシソがわさーっと自生してきて

今年はシソを買わずに済んで有り難い。

 

お昼ごはんにちょいと入れようと思って

シソを取りに行ったら・・・

 

カエル

 

!!!!!

 

はあ〜〜〜〜みっけ!見つけましたよっと(>_<)

ゴーヤの葉っぱにちょこんとかくれんぼしていたカエルさん!

ようこそ我が家へ!!

 

小指の先に乗るほど小っちゃいのです〜萌〜〜!!

 

かえる

 

だったら小指に乗せて写真撮ってよ!!と思うでしょ?

 

これが撮れないんだな〜だってカエル触れないもん(-ω-)/

昆虫も基本NG。都会派なので(笑)

 

今年の夏はみほのがセミを掴めるようになり

母として人生の危機を感じています('Д')

 

セミを掴めるって言っても死んだセミだけ。

生きてるやつはまだ「むじかしい」らしい。それもどうなんだ!?

 

エコカーテンにカエル

 

ピョンとジャンプするたび声にならない悲鳴を上げながら

ご飯支度そっちのけでしばらく一人撮影会。

 

こんなに小っちゃいのにちゃんと生きている。

命ってすげぇなあ。なんて美しいんだろう。

 

なんで触れないんだろう(*ノωノ)人生損してるな〜と思う。

 

見つめあうカエル

 

あ、目が合いましたね。しつこくてすみません。

 

なんだろう。こんな時間を忘れて熱中できることだけして

アホな時間だけ過ごして生きていきたい。

何年か前の夏もこんな写真ばっかり撮ってたな、と思い出す。

 

悩みと思考の渦の中。

 

好きなことして生きていきたいってよく言うけど

私の場合好きなことってなんだろう、からで。

 

カエルも昆虫も写真を撮るのは好きだけど触れない。

好きか嫌いかと聞かれるとわからないけど

得意か苦手かと聞かれるとたぶん苦手なんだと思う。

 

必死でしがみつくカエル

 

ブログは好きだけどfacebookはやっぱり苦手だ。

 

人生はトライ&エラー。やってみないとわからなかったし

苦手だけどやめようとは思わない。

でも付き合い方を変えなきゃならないなとわかった。

 

自分に合ったストレスのない発信の仕方を再度見つめ直す。

 

便利なものを便利に使うためにも

やっぱり自分の「芯」が必要なんだな。

 

見つめるカエル

 

だからしつこいって?!

はいはい、めんどくさいやつですみません(^◇^;

 

めんどくさい自分、どうにも出来ない生きづらさを抱える自分。

 

人にわかってもらえないことが辛いと思ってたけど

人にわかってもらいたいと思うから辛いんだな。

 

人にわかってもらえる訳がない。それでいい。

元気で明るくて頭からっぽお花畑〜な自分。それでいい。

 

それでいいのだ。

 

蛙

 

バカボンボン。っと。

肩の力を抜いてふーーーーっと息を吐き切る。深呼吸。

 

カエルさん長い間お付き合いありがとう、お疲れさん(^^)

またお会いしましょう♪(それはイヤだって?!笑)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

生き物観察も:ネイチャーファミリー岡山川下り自然体験

 

 

| 田舎暮らし | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仕事をしながら仕事をつくり仕事を考える

以前一緒の会社で働いていて独立した方から

ふと思い出したように連絡があり、

何か一緒にやりたいね〜会社のロゴとか作れる?

と聞かれ、はい!!!と即答。

 

作ったことありません(笑)

 

聞いてくれたってことはマスナリさんなら作れるって

思ってくれたってことだ。頼まれごとは試されごと。

 

叩き台のデザインを送ってイメージを聞き取り、

最初に聞いた希望とイメージを合わせて再度デザインを考え

次に送ったロゴを気に入ってもらって

調整を入れて本日最終OKいただきました。

 

あ〜〜〜達成感!!一緒に創り出す作業。やっぱり楽しい。

 

同じ頃に、出産前チラシを作らせてもらった

家具屋さんからそろそろ落ち着いた〜?と連絡があり

落ち着くどころか仕事してますって話で(笑)

再度新しいチラシの作成依頼、他もろもろ相談。

 

家具屋さんと私を繋いでくれたのは、

私が住んでいる真備町で活動されているディジュリドゥ奏者で

ディジュリドゥを作る作家でもある河田嘉彦さん

出会いは河田さんが主催したワークショップのお手伝い募集。

詳しいご紹介はまた後日。

 

Yoshihiko Kawata

 

音楽で生きる道と家具職人を目指す道に挫折した私が

その道を生きている人と仕事が出来る。

 

こんなに嬉しいことはない。人生に無駄なことなんてない。

 

ライフワークとライスワークを考えながら

自分のやりたいことと得意なことにちゃんと目を向けて

出来ることをひとつづつやる。

 

見てくれてる人はちゃんと見てくれている。

 

今日Facebookに流れてきた【共創】という言葉に

そうこれ!これなんよ!!!と静かに興奮(田舎の夜なのでw)

 

あ〜〜〜また走り出したい思いに駆られる。いかんいかん。

 

きちんと整理して言語化して前に進む。焦るな私。

静かな田舎の夜、外ではもう秋の虫がリンリンコロコロ。

すっかり涼しくなって今晩は窓開けて寝たら風邪ひくな。

 

秋ももうすぐそこ。あ、そういや今日は父の誕生日。

60を機に返上したらしいけど(笑)こっそりおめでとう。

 

毎日家の横にある作業場から聞こえてくる

大工さんが木を削る音を聞いて育った娘は

仕事を作ることの大変さと楽しさの間で今日ももがいています。

 

!!!

もうひとつ思い出した!

小学生の時に書いた大工さんの絵を父が買い取ってくれたのが

私の初仕事だ!会社のロゴ作成、二度目でした(笑)

 

5,000円。

 

初めて私が稼いだお金。小学生には大金だった。

月500円の使用料にしておけばもっと儲かっていたのに!!!笑

 

どう見ても子供が書いたヘタカワイイ大工さんの

絵が書かれたトラックが今日も釧路の町を走っています。

 

お父さん、誕生日おめでとう。長生きしてね。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

岡山で川遊び:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

| 起業ストーリー | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ちっぽけな自分を認めるとこから始めていこう

少子高齢化と限界集落

 

もう凹まないと

公言した翌日に

激へこみ(/__)/笑

 

ちっぽけなちっぽけなちっぽけすぎる自分に凹む。

 

でもたぶん必要なプロセスなのだ。

 

問題を大きく捉えすぎると身動きが取れなくなる。

息苦しくて何もしたくなくなる。

家の中の散らかり具合で自分の心の内がよくわかる。

 

国の根幹を揺るがすような日本が抱えている問題を

最近やっとぼんやり考え出したぼんやり生きてきた私ひとりで

変えられるわけがない。

いきなり一気に解決できるはずがない。

 

でも・・・

 

 

自分がアクションを起こすことで確実に何かが変わる。

 

小さな小さな小さなことでいい。

 

 

矢掛にあるとてもステキな雑貨屋さんの店長さんが、

 

「み〜〜んなが好きなことやって生きてたらこんなに

 ピリピリせずに世の中もっと平和になると思いませんかー?」

 

と言っていた。なんてステキなんだろう。

毎日のように思い出しては噛みしめてついニヤニヤしてしまう。

 

早く小学生になりたい4才

 

今から20年以上前(わお・・・気付いてびっくりw)

小学校5,6年生のころ、核兵器はどうしたらなくなるか?

というテーマで討論の真似事のようなことをする授業があった。


高学年にもなると、みんなあれこれそれらしい意見を言う。

 

その中ではっきり覚えていること。

ある程度議論が白熱してきてそれぞれ意見を言ったころに

パッ!!と手を上げて・・・

 

「みんなが一斉に核兵器やーめた!って

 捨てちゃえばいいんじゃないですかー?」

 

みんな(=どの国も)一斉に、が自分の中でポイント高く

自信ありアリで発言したのだけれど、

結果は「そんなの無理に決まってる!!!!!」の集中砲火。

 

たぶんズレていたのだろう、論点はそこではなかったのか。

未だに引きずるくらいショックだった^^;

 

でも今は、私もそう思う!って声なき声をあげていた子が

本当はいたんじゃないかなと思う。う〜ん、思いたい。

 

 

理想だけじゃ何も解決しない。飯も食っていけない。

 

でも理想がなかったら生きていても味気ない。

 

目指す世界をハッキリ描いて小さなことを積み上げていくしかない。

 

 

何もできない今の自分に凹んでもやもやしながら

今年から関わらせてもらっているボランティアに参加した。

 

働いて汗を流して、子供たちと本気で声を出して歌ったら

なんだかとってもスッキリしていた。

 

 

翌朝も5時30分に起きてツアーでお出しする

ホットサンドの準備をして朝ごはんと旦那のおにぎりを作り

わちゃわちゃしながら子供たちを保育園に送り出す。

 

家に帰って洗濯干して布団も干して茶碗を洗って

晩ご飯の下ごしらえをする。

やり出せば1時間もかからないこと。

エネルギーがないとついつい後回しにしてしまうこと。

 

でもこんな日常の小さな積み重ねもとても大切なこと。

 

 

今は有り難いことに仕事もいくつか。

そうなのだ。私はやることが多い方が燃えるのだ。

 

ついつい家事はそこから除外してしまうのだけれど(笑)

仕事しながら今日は部屋も片付けて、

笑顔で娘たちをお迎えに行けるよう頑張るぞっと。

 

皆さまもよい一日を〜☆

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

夏真っ盛り!Nature Family 岡山川くだり自然体験

 

 

| 田舎暮らし | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タマゴが先かニワトリが先か。それが問題だ。そしてテーマだ。人生の。

ガイドトシと2ショット

 

「タマゴが先かニワトリが先か」

…みたいなことを最近はもうずっとエンドレスに考えている。

 

やりたいことが見えたけど

それは本当にやりたいことなのか

 

やりたいことは目標なのか目標に至るための手段なのか

 

それは結果として求めていることなのか

結果を得るためのプロセスとしてやりたいことなのか

 

そもそも本当にやりたいことって何なのか!?

 

答えがない答えを見つけるための作業。

いや違うのか、すでに答えは自分の中にあるのか!?

う〜ん、エンドレス。

 

 

あーそれでも今は本当に不思議で仕方ないくらい、

答えやヒントが降ってくる。

私の脳みその中見てましたよね!?と聞きたくなるくらい

今の考えや悩みにシンクロした言葉と出会う。

 

それはネットの世界でもリアルの世界でも。

 

私は本当に考えが浅い人間だなぁとつくづく思う。

でもそこで凹まなくなってるな。あら不思議。

それだけ伸び代があるってことじゃないか!33才!!

 

そして思い込みも激しい。自分の価値観の中だけで行動しがち。

わかった風でいて何もわかっちゃいない。

そのせいでたくさん失敗もした。

 

 

だからたくさんの人の考えや生き方に触れたいと思った。

 

 

でもそうじゃなくて、

やりたいことを叶えるために動いていたら

気付けばたくさんのひとに会っていた。

 

 

気付けばすべてが繋がっていた。

 

 

一繋ぎ。人繋ぎ。ひとつなぎ。

 

 

自分の肩書に込めた想いを再度確認中。

 

ほんまアホやなぁと自分に呆れる毎日だけれど、

「岡山ひとつなぎコーディネーター」ってのが降ってきて

そこから何かを始めたいと思った自分は褒めてあげたい。

 

 

自分が出来ることは自分の人生の積み重ねからしかない。

 

 

何をどう返していいかもわからない感謝の気持ちを

自分の人生できちんと形にできるよう

会いたい人にいつか会えるよう今できることを頑張ります。

 

 

今週は、1年振りの嬉しすぎる再会あり

楽しすぎる娘の川下りデビューあり

有り難すぎる時間あり(ビール付き※ノンアル)

不健康すぎる体に尊敬する鍼灸師さんから愛のムチあり

 

幸せな一週間、8月のスタートでした。

体労わらんとな。冷えすぎたお腹に激痛の鍼を刺されながら

これがスイカの呪いじゃ〜〜と言われたので(笑)

 

いつも全力でお客様を楽しませるために頑張っている旦那と

保育園で頑張ってくれている娘たちにも感謝☆

 

今夜は集落の夏祭り!踊るぞ〜〜〜!!っと(笑)

皆さまもよい週末をお過ごしください〜♪

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

川に飛び込み!ネイチャーファミリー岡山川下り自然体験

 

 

| 身近な自然 | 00:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
それでも知らない道を行く。

笠岡の田舎道

 

私は知らない道、通ったことのない道を走るのが好きだ。

 

18才の免許取りたての頃、嬉しくてあちこちうろうろしまくっていたら、一家総出で昆布干しをしている真っ最中の昆布漁師さんの敷地に入り込んでしまい、ヘタクソなバックで何十回もハンドル切って引き返し大恥かいたこともある(ていうか迷惑)。

 

それでも知らない道を通りたいのだ。

 

ていうか岡山の人には

昆布を干してる光景が目に浮かばないか!?笑

 

知らない道が好きだから、

どうせ行って帰るなら違う道を通りたくなる。

 

北海道の最東端、納沙布岬に初日の出を見に行って帰りに知らない道を通りたい病が発病し、とんでもない山奥の道に入り込みアイスバーンでスリップして死にかけて元旦早々車を廃車にしたこともある。

 

それでも知らない道を通りたいのだ。

 

いや、さすがに学べよって話なんだけど(笑)

 

瀬戸内海に浮かぶ船

 

開業して一ヶ月、色んな人を訪ねて知らない道を通ることが増えて毎日たくさんの発見に満ちていて、車を走らせているだけでワクワクする。

 

北海道生まれの私にとっては何の冗談!?と思うぐらい細い道が多くて、岡山へ来てからは知らない道に入り込むことを躊躇してしまうことが多かったけれど、この一ヶ月今まで通ったことのない道をたくさん通って、あー本当に岡山はいいところだなぁと実感しています。

 

とりわけ笠岡は、旦那の地元なので旦那の運転で超マニアックな抜け道を通りなかなか道を覚えられずにいたのだけれど、自分で運転するようになってこの道がこう繋がるのか!と地図を描けるようになってきて、本当に楽しい(^^)ほんまにいいところじゃなぁと思う。

 

行きたい場所。見たい景色。会いたい人がたくさんいる。

 

その中で何が出来るのか。何がやりたいのか。

日々本当の自分の心の根っこに問い掛け中。

 

先が見えない総社の新しい橋

 

知らない道を走り出して壁にぶち当たって撃沈する。そんな繰り返しの毎日。しかもテンションMAXの猛スピードで走っている時にバカでかい壁にブレーキもかけずに突っ込んでしまうもんで、ダメージがかなりデカい。自分が嫌で嫌で仕方なくなる。

 

それでも知らない道を通りたいのだ。

 

アホなのだ(笑)

 

ダメージはデカいけど乗り越えたら今まで見たことのないものの見方が出来るようになることを学んだ。車じゃそうはいかないけど人生は失敗したぐらいじゃ恥をかいたぐらいじゃそう簡単に死なないぞってことも知った。たくさんの美しい景色とステキな人達にも出会った。

 

な〜んでしょ!?

 

走り出せば失敗ばかりでしんどいけど

やっぱり走らずにはいられない。

 

大丈夫、今は人の声に耳を傾けることも覚えた。自分のペースを自分でコントロール出来るように・・・はまだなれていないけれど、こんな人間になりたいという自分像は少しずつ見えてきた。

 

この一ヶ月の間に、自分で自分をコントロール出来ないせいで心配や迷惑をおかけしてしまった方もたくさんいます。ごめんなさい。

 

もっと良い関係を築けるよう

もっと楽に生きられるよう頑張っています。

 

殻を破る

 

岡山は今日も晴天!さすが晴れの国。

 

旦那は今日も川下り。私は子供らと三人で何をしようかな〜

久々のノープランデー(^^)

皆さまよい週末をお過ごしくださいね♪

 

 

| 起業ストーリー | 06:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あすみ初発熱!生後6ヶ月から始まった保育園生活、1ヶ月間を乗り越えて思うこと。

とうちゃん誕生日

 

あすみ現在7ヶ月、今も続く夜中の3時間おきの授乳。1人目の時はまったく知らなかったのだけれど、あすみを出産した助産院で、生まれてからその子がおっぱいを卒業するその日まで毎日3時間おきの授乳を続ければ美味しくて新鮮なおっぱいが作られることを教わった。

 

母乳育児ってのは、だんだん授乳の間隔が空いていって夜中起きて授乳することは少なくなってくるもんと思っていたので(実際そうだったし)、なんじゃそりゃー!絶対ムリー!と思いながら聞いていた。

 

それでも7ヶ月、夜中に起きることはあまり苦ではなく(時々ふらふらで記憶にない日もあるけれど)どうやったらその脂肪をキープできるん!?と本人に聞いてみたくなるようなぽちゃぽちゃの赤ちゃんらしい体型のこどもにあすみは育ってくれている。母ちゃんは干からびそうだけど(笑)

 

いつものように0時頃起きて気持ちよさそうに寝ているあすみを抱きかかえると体が熱い。

 

でも慌てない。おっぱいは半分寝ながらごくごく飲んでるし苦しそうな様子もない。授乳を終えて熱を測ると38.3度。ここ数日に比べると今日はかなり涼しいから、どうせ蹴とばしちゃうだろうけどタオルケットをかけて布団に寝かせる。あっという間に夢の中。

 

ねえちゃん誕生日

 

6月1日から始まった保育園生活。まぁなんというか有り難すぎる恵まれた環境で、1つ上の年の子が少なかったり保育園の色んな事情もあって、0才児クラスの教室には12人の定員に対してこどもが3人!そして3人の赤ちゃんに2人の担任の先生+ヘルプに入る先生たち。1人休むと先生とマンツーマンなんて日も多く、なんとも穏やかでぜいたくな空間で過ごさせてもらっている。

 

保育園は、おそらくどこでも最初は「慣らし保育」といって、毎日少しずつ預ける時間を長くしていって保育士さんと親とで子供の様子を見ながらコミュニケーションを取りながら仕事復帰の日に備えていきます。

 

私の場合、○月○日に復帰します!という制限がないので、あすみもまだ6ヶ月になったばかりで小さいし可能な限り先生のアドバイスに従います、1ヶ月ぐらい時間をかけても大丈夫なのでゆっくりゆっくり慣らしていけたら嬉しいです、と入園前の面談でお話をさせてもらって保育園生活が始まった。

 

初日は私も教室に入って30分一緒に過ごす。家じゃ見たことのないおもちゃに興味津々♪翌日は1人で預けて30分。その翌日から1時間に延ばして1週間。週明けは一旦時間を短くしてまた30分ずつ増やしていく。といった感じでホントにゆっくりゆっくり慣らしていった。

 

最初の頃はやっぱり大泣きする日も多くて、先生に「すみません、今日はほとんど泣いてたんです・・・」と謝られる。不思議なことに。昔の私だったら、自分のこどもが保育園で泣いていた、と報告されると自分が責められているような気持ちになるんですね。こんな小さいこどもを保育園に預けるなんて・・・目に見えない批判の声に押し潰されそうになって先生の言葉を素直に受け止めれてなかったと思います。今思えば、だけれど。

 

そりゃー少しでも早く笑って過ごしてくれた方が嬉しいけど、生まれて初めて母ちゃんと1時間も離れてまだ顔もよく覚えていない女の人に抱っこされてすぐ泣き止むわけがない。というか泣き止んでしまっては母の立場がない(笑)

 

どこでも転がされる

 

0才児クラスではかなりがっつり書き込みが出来る連絡帳で先生と毎日やり取りをする。みほのの時もこの連絡帳が育児日記を3ヶ月で放棄した母ちゃんの貴重な育児記録になり、今も大切にとってある。みほのが嫁入りするときに持たせてあげたい。

 

私の中で育児日記の側面も持つ連絡帳。日々の様子や変化ももちろん書くけど、昨日あった面白いこともついでに書き記す。あすみの喃語が増えてきて「あたーた」としゃべった日に、今かあちゃんて言った!いやとうちゃんだ!おねえちゃんだってば!!と家族でもめた話を書いたら、いやいや「せんせい」って言ったんじゃないですか!?と返信が返ってきた(笑)一本取られたなぁ。

 

園での生活にはすっかり慣れてきたけれど、昼寝がうまく出来ないときは先生に抱っこされて職員会議にも出席していたらしい(笑)

 

目標にしていた1ヶ月後、1日泣かずにご飯も食べてミルクも飲んでお昼寝もまとめて出来るようになった。間に合いましたね〜〜!と先生と喜び合って、本当に楽しいステキな保育園の先生たちに支えられて増成家の育児は成り立っている。

 

ママ友付き合いや家に一日いることが苦手な私は、保育園がなかったらこんなに自分のこどもの事を可愛いと思えていなかったと思う。虐待のニュースは他人事とは思えない。私も一歩間違ったらニュースになるような事件を起こしていてもおかしくない。

 

保育園の制度や社会環境に色々言いたいことはあるけれど、とにかく子育ては一人じゃ出来ないと思う。頼れるところに頼らなきゃダメだよ、と思う。

 

今でも、専業主婦で毎日一緒にいられる母ちゃんじゃなくてごめんよ、とふと思うことがあるけれど、私はやっぱり働いている自分が好きなので、働いている母ちゃんを好きになってもらえるようにしっかりこどもと向き合いたい。

 

七夕笹飾り

 

4時前に目が覚めてあすみを抱きかかえるとさっきよりも随分熱が下がっていた。そういえば昨日は久し振りに、迎えに行った私の顔を見てふぇ〜っと情けない顔になって泣きそうになっていた。毎日、お迎えに行って車に乗せたとたんコテンと寝てしまう。

 

疲れが溜まってるよね。頑張ってるね。

 

いつも慌ただしい母ちゃんと元気過ぎる姉ちゃんに付き合わせてあちこち飛び回ってばかりだけれど、たまには家でゆっくりのんびり過ごそうと思います。(クーラーも付いたしね!!!自慢♪笑)皆さまもよい週末をお過ごしくださいね(^^)

 


JUGEMテーマ:子供達との記憶

 

家族の思い出作り:Nature Family 岡山川くだり自然体験

 

 

 

| 田舎暮らし | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
10年目!Nature Familyの川下りツアー、高梁川で今年も開催です!

川下り下見

 

10年目を迎えたNature Familyのガイドトシ。

 

毎日のように通った笠岡の実家の風呂とキッチンの

セルフリフォームを無事完成させ

日々、2016川下りシーズン開始へ向けて準備中。

 

やれ車が壊れただ、やれボートのあれが剥がれただ

10年目ともなるとあっちもこっちもメンテナンスが大変で

車は気付けば白と黒のツートン仕様(笑)

 

・・・目立っていいのか!?(/ω\)

 

1年近く経つともう見慣れてしまった(^o^;)

 

本当に雨が多かった今年は川の様子の変化も気になりますが、

なんとか無事シーズンを迎えられそうです(^^)

もうすぐ梅雨も明けそうかな?!

 

デリカフロント扉交換後

 

あこがれの個人事業主。

 

私もやっとスタートラインには立ったものの

何をどうしていこうか迷子しまくりな試行錯誤の日々。

 

焦るな自分!焦るな焦るな焦るな・・・

 

と呪文のように唱えていたら、

「そんなこと言ってるから余計焦るんだよ」と助言をいただく。

 

ほんまや( ゚Д゚)!!!!!

 

言葉って怖い。言葉って本当にすごい。

 

言葉に操られているような自分が

言葉を使って本当に仕事を作っていけるのか。

 

岡山ひとつなぎコーディネーターという

おそらく今のところ他にはいない肩書と職業を作ったのに、

いつの間にか既存のなにかしらの職業に

やりたい仕事をあてはめようとしていた自分。

 

焦りや不安も前向きな言葉に置き換えられるよう

心のトレーニングをしながら(どうやらまだ難しい)

人生の先輩や友人に助言と励ましと元気をもらいながら

1日1日を大切に積み重ねております。

 

増水によりスタート地点浸水

 

10年続けるってやっぱりすごい。

 

夫婦ってのは距離が近すぎて何かにつけてなかなか

素直になれなかったのだけれど、自分の未熟さ、アホさを認めたら

旦那の言葉がスーッと入ってくるようになった。

 

ネイチャーファミリー岡山川くだり自然体験

 

本当にいいツアーです。

写真のこどもたちの笑顔を見るだけでワクワクします。

今年は何年か振りに私もサポートで参加できそうです(^^)

 

かなり予約で埋まってきておりますが、

夏休みが始まる来週と8月の後半はまだ空きがございます。

予約状況はこちらから → 川下り予約/空き状況

 

今年も皆さんの笑顔に会える夏を楽しみにお待ちしております♪

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

わいわい楽しく:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

 

| 田舎暮らし | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
まるで隠れ家レストラン!?夢を叶えるために一歩踏み出した女性のランチ会に遊びに行きました(^^)

今日は自宅レストランの開業を考えているのだけれど・・・という女性が主催される、ランチ会にお呼ばれしてきました♪あーーこれが仕事になるなんて!!自営業ってなんてステキ☆笑

 

海の見える大通りから古い家が立ち並ぶ細い通りにだんだん入っていき、軽自動車もギリギリ通れるか通れないかぐらいの小道を歩いていくと目の前に現れる素敵すぎる家。古い町並みを壊さないのに洗練された明らかな存在感。家が見えた瞬間、一緒にいた全員どうしようもないぐらいテンションが上がる。(外観を写真でお見せ出来ないのが残念で仕方がないのですが・・・)

 

玄関で靴を脱ぐ時点で4才児すらも「かわいい〜〜!!」と叫ぶ。(何が?なのかは謎^^;笑)

 

寄島の隠れ家レストラン-2

 

もう〜〜〜〜今日ほど自分の写真撮影の腕のなさと文章力のなさを悔しいと思ったことはない!!8年以上住宅に関わる会社に勤めてきたけれど、こんなに素敵な世界観のある家に初めて出会いました。そしてとっても不思議なことに、雑誌やテレビで特集を組まれてもおかしくないくらいオシャレでスタイリッシュな家なのだけれど、どこか温かい。家の中の空気が幸せに満ちている感じ。

 

寄島の隠れ家レストラン-3

 

矢掛の薪ストーブ屋さんで買ったという火の見える薪ストーブが存在感を放つ。寒い季節しか使わないのに、ディスプレイ一つで薪ストーブがこんなにステキなオブジェになるなんて!!!!和とエスニックが好き、テキスタイル(布)が好き、という「好きなもの」を本当に見事に融合させてインテリアで表現している。あ〜もうため息が止まらない。

 

寄島の隠れ家レストラン-7

 

畳の部屋に転がした赤ん坊すらもなんか高級そうに見える(笑)

 

寄島の隠れ家レストラン-4

 

置いてる小物一つとっても本当に好きなもの、こだわりにこだわり抜いたものしか置いていないんだなぁというのがわかる。しかもそれが嫌味っぽくないというか何というか・・・本当になんだか見てるだけで幸せな気持ちになるのです(^^)

 

 

こ〜〜んなステキな空間で食べる、素材のひとつひとつまでこだわって選んで作ったご飯!美味しくない訳ないじゃないですか〜!!!まだ開業してないなんて信じられないーーー(*ノωノ)

 

 

デザートはこれまた手作りの桃のゼリーのパフェとおからのマフィン♪美味でした〜。昨日誕生日だったうちの4才児はろうそく立ててみんなにお祝いまでしてもらいました☆あんまり驚きすぎて嬉しすぎて無表情になってしまう反応がおもろかったな〜よかったねぇ、みほの(^^)

 

寄島の隠れ家レストラン-6

 

ゆっくりご飯を食べながら色んな話を聞きながら気付けば17時!お邪魔してからあっという間に4時間経っていました(>_<)まだ帰りたくない〜〜!!!!!ホントにステキな女性で(あーもう名前も住所も言ってしまいたい!笑)今までなんかちょっと怪しいよなぁと思っていた引き寄せの法則やスピリチュアルな話もスーッと入ってきました。心から納得。じゃなきゃこんなにステキな空間は作れない。

 

寄島の隠れ家レストラン-10

 

家の中央に位置するクリスタルを置くためのスペース。曼荼羅を飾るための和室。中と外からの視線をどちらからも心地よく拒絶しない大工さん泣かせの木で作った塀格子。運命の出会いのケヤキの一枚板のテーブルに水屋箪笥。台形の敷地を生かしたラインが美しすぎる家は、家づくりの工程すべてにストーリーがあってそのひとつひとつ語るだけで一冊の本になりそう。

 

そしてこん〜〜〜なにステキな空間が作れるのに開業が踏み切れなくて悩みがある、っていうのが信じられないけれど、あー本当に悩みは人それぞれ。益々その女性のことが好きになりました。家にお邪魔して穏やかでとても優しいご主人との出会いの話などもお聞きして、だからこの家はこんなに居心地がいいんだなーと納得してなんだか嬉しくてニヤニヤしてしまいました。本当にステキなご夫婦♪是非ご主人にもゆっくりお話聞いてみたいなぁ(^^)

 

好きなことが得意なことになっていても、何をするかって悩むんですね。私はとりあえず好きなことは見つけた!文章を書くこと、人の話を聞くこと。その人だけのストーリー。これが得意なことになるようにどんな形になるかはまだわからないけど、隠れ家レストランに家族を連れて来れるぐらい稼げるようになるように、目の前のことをひとつひとつ頑張ります!

 

お金にならない今の仕事を続けられる環境と家族に心から感謝。

 

今日は本当にステキな時間をありがとうございました!興奮でしばらく寝れそうにない〜(笑)

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

暑い夏のレジャースポット:ネイチャーファミリー岡山川くだり自然体験

 

| 田舎暮らし | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
みほの4才おめでとう!モノより思い出。誕生日の記録。

誕生日のお出掛け♪

 

みほのさん4才の誕生日を迎えました(^^)

 

保育園に妹あすみを預けて

父ちゃん母ちゃんと3人でお出掛けです♪産後初めてだなぁ。

ホント近くに実家がない我が家の子育ては

保育園無しには成り立たない。ありがたいことです。

 

父ちゃん母ちゃんを一人で貸し切り、

みほのは本〜〜〜当に嬉しかったみたいで終始ご機嫌♪

 

アンパンマンの映画は母ちゃん最初から最後まで寝ていて

何一つ覚えてないけれど(笑)一緒に行ってよかったなぁ☆

 

モフルン欲しい

 

そして生まれて初めておもちゃ屋さんで

自分で自分のプレゼントを選んでもらいました。

 

いつもじいちゃんばあちゃんが買ってくれたり

送ってくれるので、私たちはおもちゃを買ってあげたことがない。

 

前の日から、「お父ちゃんとお母ちゃんは頑張って仕事して

お金を稼いでいます。(ホントは今無収入ですけどw)

なので予算があります。だからなんでもかんでもOKではないけど

1個だけ本当に欲しいもの買ってあげるからね!」

と説明して、いざおもちゃ屋さんへ。

 

あっちへ目移りこっちへ目移り、あれも欲しいこれも欲しい、

ともう、物欲という物欲が出尽くして疲れ切って

最終的にもうこれでいい、って感じで選んだのは700円ぐらいの

赤ちゃん用のラッパのおもちゃ( ゚Д゚)!!笑

 

いやさすがにあんまりやろ〜^^;と気持ちを切り替えに

場所を変えようとしたら「これがいい!!!!」

イオン倉敷の中にある有料のプレイルームで遊びたいそうな。

 

買い物に来るたび行きたい〜!とアピールしては

母ちゃんに一蹴されてきたからよっぽど行きたかったんだろなぁ。

これやったらおもちゃ買わんよ?いいね!?

と何度確認してもこれがいい!とのことなので入ることに。

(最初30分600円/以降30分おき+400円)

 

イオン倉敷

 

ミニ遊園地?のような感じで、美容師さんやたこ焼き屋さん

になれる体験コーナーも。遊ばれるロン毛の父。

 

1時間しっかり遊んだあとにはやっぱり

おもちゃ買って〜・・・と言い出したけど

あかん言うたやろ!と母が締め(ムチ)

旦那に花を持たせて(アメ)欲しいと言っていた中で

一番安くて私たちもいいなと思っていた

ダンボールで作るお店屋さんを買って帰りました(^^)

 

酒津公園

 

最近ブログをUPしていて気付いたこと。

 

私いつの間にか古民家で田舎暮らしをしてることが

コンプレックスのように重いしこりになっていたんだなぁ。

 

会社勤めの時も産休中や仕事を辞めてただのお母さんに

なった時も、周りで同じような価値観の人と

出会うことがほとんどなくて、

自分のことをまるでうまく説明できませんでした。

 

でも地域に目を向けて。自分の過去を振り返ってみて。

 

自分に対する評価や考え方が変わると

なんだか自分が面白くて仕方なくなりました。

人にどう思われようと自分が面白けりゃそれでいいんだなと。

 

そう思ったら、オシャレな古民家、リノベーションから

どんどん遠ざかっていく旦那が手掛ける我が家の改修も改造も

面白くて仕方がなくなりました。

ついでに旦那のあれこれに腹も立たなくなりました(笑)

 

こんなボロ屋に住んでたらトトロみたいに

お前んちお化け屋敷ー!って近所の子供にいじめられるんじゃ

なんてことまで思ってました。

 

そもそも集落に子供なんてほとんどいないのに(笑)

 

しずかちゃんLOVE

 

人の目を気にする生き方って本当に生きづらい。

 

子供のうちってそんなこと気にすることないんだろなぁ。

自由にしゃべって自由に動いて、

今の感覚を大切に大切にぐしゃっと潰してしまわないように

親として何が出来るか考えながら子育て楽しみます。

 

みほの、誕生日おめでとう♪

 

プリキュアよりもドラえもんよりものびた君よりも

大好きなしずかちゃんのケーキ、よかったね(^^)

来年は何をリクエストしてくれるか楽しみだー!!!

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

高梁川に飛び込み!Nature Family 岡山川下り自然体験

 

 

◆◇◆◇◆

岡山ひとつなぎコーディネーター

マスナリエリカの起業ストーリー・その4まで公開中☆

◆◇◆◇◆

 

次回、その5は・・・

 

「私の地元・北海道でのお仕事〜大自然編」

 

自然の中でのんびり働きたい♪

田舎暮らししてのんびりしたい♪・・・それは幻想です!?笑

 

その1・大安吉日、わたし開業しました♪伝えたい言葉が溢れて止まらない日々

 

その2・4才まであと8日。姉ちゃんみほのの赤ちゃん返り。

 

その3・赤ん坊を背負って働きに通った玉島のパン屋【ぱんご〜の】のこと

 

その4・東京の音大落ちて京都で職人を目指し会社をクビになって北海道に帰るまで

| 思い出 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
笠岡市神島にアートな活動拠点が誕生です:長鋪邸オープンハウス

長鋪邸中庭

 

笠岡市神島(こうのしま)にある長鋪邸(ながしきてい)のオープンハウスに行って来ました。企画したのは笠岡市地域おこし協力隊、広報担当の岩渕真紀さん。美術大学出身で先日めでたく「わな猟」の資格を取得した彼女。

 

わなりょう!?いやいや聞き間違いではありません。「罠(わな)」で「猟(りょう)」をする資格を取得したとのこと。

 

何がどうなってるかおばちゃんにはわかりませんが、最近東京の若いオシャレ女子の間では猟師の免許を取ることが流行っているそうです。ぬーとりあの歯の色がどうだとか獲っていいたぬきとダメなたぬきがいるとかやっぱり生け捕りは高く売れるとか、多くの皆さんが今までの人生で交わしたことのないであろう会話が楽しめますよ(笑)

 

長鋪邸縁側

 

一見都会的でとっつきにくそうな印象を与える真紀ちゃんですが、話してみるととっても芯が通っていてちゃんと自分の言葉で丁寧に説明することが出来るとても素敵な女性です。最近の若いもんは・・・などと言っている人たちに会わせてやりたい。

 

というか私が最近出会った平成生まれの子たちはみんな本当にすごい輝いています。眩しい!!今回のオープンハウスもこの「若い力」がなければ実現しませんでした。

 

長鋪邸は築200年にもなる庄屋屋敷。8年ほど前から空き家になり、山岡さんという女性の方がずっと「この家で何かをしたい!」と想いを持って家の管理をしながら活動を続けて来られて、地域おこし協力隊の真紀ちゃんという強力なパートナーを得て今回のオープンハウスが実現しました。

 

長鋪邸オープンハウス

 

イベントの開催が決まって、Facebookの告知と250枚準備したチラシ以外は口コミだけで3日間400人近いお客様が来場されたとのこと。山陽新聞にも取り上げられ、たくさんの人たちに待ってました!!と喜んでもらえるイベントになりました。

 

あまりに居心地が良くて、たまたま会えた友人や知らんおっちゃんおばちゃんらとちゃぶちゃぶして気付けば3時間以上滞在(笑)外は真夏の暑さなのに、家の中は日本の古い家特有の気持ちのいい風が吹き抜けていました。

 

あじさい

 

撮影者の私の腕はともかく、どこを撮っても絵になる家、とはまさにこのこと。お庭も家も草花も、本当に愛情を持って管理されてきた家なんだなということがすごくよくわかりました。

 

私が住んでいる古民家は何10年も空き家だったので、私が初めて見学に行った8年前の時点で人が住めるか住めないかギリギリの線でした。蔵は朽ち果てて屋根が落ち、潰さざるを得ない状況でした。それでも私たちが住み始めてから8年、家は潰れることなく息を吹き返しています。

 

家は人が住むことで甦ります。風を通すだけで息を繋ぎます。これから増える一方の空き家問題。すべての家を残すことは出来ないけれど、古き良きものを若い力でよみがえらせる、長鋪邸はとても素晴らしい先進事例になるんじゃないかなぁとワクワクしました(^^)

 

長鋪邸の蔵

 

何より真紀ちゃんもお手伝いに来ていた地域おこし協力隊の仲間の子たちも本当に地域の方たち、おばあちゃん達に愛されている(^^)異なる世代が交わることで地域が元気になる、これから私がやっていきたいことにもとても大きなヒントをもらった気がします。

 

そしてもうひとつ嬉しい出会い。きっと近いうちに新山ひと図鑑に登場するであろう89歳のおばあちゃん(^^)

 

なんと自分一人で車を運転して神島まで来られたとのこと!!!もとはおそらく茶室だったお部屋に入る前にお扇子を置いて一礼してから入るような普段からきっと丁寧な暮らしをしているんだろうなというのがわかる、とても素敵なおばあちゃん♪

 

新山の素敵なおばあちゃんと

 

あれこれ話をしていて、「岡山は本当にいいところよ〜!こんなにいいところはないわよ〜!」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。その言葉。私も何度も大好きな近所のおじいちゃんおばあちゃんから聞いています(^^)おばあちゃん、岡山のよさがもっともっとたくさんの人に伝えられるように頑張るね、今日出会えて本当にホントによかった☆ありがとう〜(^^)

 

玄関から靴が溢れるぐらいたくさんのお客様がいる時間帯もありましたが、とても静かなのんびりした空気が流れる長鋪邸。

 

長鋪邸に流れる緩やかな時間

 

子供から大人まで、色んな人が来場された今回のイベントを引き継ぐように、芸術や文化活動を通してたくさんの交流が生まれる場所になっていくと思います。主催者の皆さま、素敵な企画をありがとうございました。お茶にコーヒーにお抹茶にお菓子に真紀ちゃん手作りの桃のコンポート!美味しかった〜お腹ちゃぽんちゃぽんです(笑)

 

 

 

 

地域おこし協力隊。

 

 

 

 

なんでしょう。気になって気になって気になって仕方ありません。私と同じ世代、自分よりも若い世代でこんなに地域のことを考えている人たちに出会ったのが初めてだからなのだろうか。出会ったひとが皆、「自分の言葉」をきちんと持っていて眩しくて仕方がないからだろうか。3年という任期と安定した給料を与えられその中で成果を求められる。うまく利用して渡り歩く人もいるし向き合って悩み迷い苦しむ人もいる。

 

音の鳴る箪笥

 

「地域おこし協力隊はスーパーマンじゃない」という言葉がものすごく鮮烈で、地域の人はスーパーマンを求めているのかもしれないけれど、そんな期待に応えようとしたらあっという間に潰れてしまう。

 

地域の人は定住してくれることを望むのかもしれないけれど、そんなことよりも、いかに地域の人たちが本来持っている力を引き出せるか、新しい風を巻き起こせるか。そしてどれだけ愛される存在になれるかファンになって応援してもらえるか。

 

私がこの10日間の間に話を聞かせてもらったまだ着任して1年経たない4人の地域おこし協力隊の人たち(もう一人は近々登場予定)は、タイプも考え方も全然違うけれど、これから地域でどんなことしていくんだろう♪というワクワクに溢れている。

 

記録に残すことで何か小さなヒントが生まれるんじゃないかなぁという想いが芽生えてきました。何より私が一番の応援団でありたいなぁ♪と思いました。

 

桃のコンポートとお茶のサービス

 

岡山ひとつなぎコーディネーターなどという胡散臭い肩書を作り上げ(笑)走りながら何を仕事にしていけるか考えているけれど、自分の気持ちに正直に、損得考えずに、楽しいことだけ考えてやりたいことやってみようと思います(^^)さあ〜てと!まずは取材交渉だな。いかさ田舎カレッジの塾生さんは強制ですけどね!?笑

 

さてと。考えがまとまったのでもう一寝入り。今日はみほのの誕生日。あすみを保育園に預けて3人で映画アンパンマンを見てきます♪映画見ながら寝れるな〜と思ってたら旦那もまったく同じことを考えているようなので、子供らが起きてくるまで頑張って寝ます(=_=)笑

 

梅雨明けももうすぐなんかな〜?皆さま、よい一週間をお過ごしくださいね☆

 

====

 

【岡山ひと図鑑】FBページはこちら!

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

川に飛び込み:Nature Family 岡山川下り自然体験

 

 

◆◇◆◇◆

岡山ひとつなぎコーディネーター

マスナリエリカの起業ストーリー・その4まで公開中☆

◆◇◆◇◆

 

次回、その5は・・・

 

「私の地元・北海道でのお仕事〜大自然編」

 

自然の中でのんびり働きたい♪

田舎暮らししてのんびりしたい♪・・・それは幻想です!?笑

 

その1・大安吉日、わたし開業しました♪伝えたい言葉が溢れて止まらない日々

 

その2・4才まであと8日。姉ちゃんみほのの赤ちゃん返り。

 

その3・赤ん坊を背負って働きに通った玉島のパン屋【ぱんご〜の】のこと

 

その4・東京の音大落ちて京都で職人を目指し会社をクビになって北海道に帰るまで

 

| 古民家再生 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/67PAGES | >>